ミクニとさよならと女の子とラスティ。

28th/September/2007/07:44
罪が描く曲線は、極限まで美しい。(上質なスリランカ産のサファイアのように) 1/2

何かいえばいいのに
傷ついているのはその羽じゃないだろうと嘘つきが言った。
ゆっくりと傷ついているから、気がつかないのだとも。

その脇には承認を待つ罪が玉座が空くのを待っていて、
なにも知らない魂の線だけが
一本の長い影を作っている。

影は何本も重なって広大なストライプを形作る。
永遠というほど長い、
上昇も下降もできない平面的な階段に似ている。

誰に傷を付けたのか、そもそもそれが重要なことなのか
明日の気温のほうが大切に思える。(それは極端すぎます)

時間軸を曲げて 過去に傷ついても
何もいやすことはできない。

それは玉座に座る資格がないということと同義で、
それがわかっている立派な紳士は影の中に埋もれて、
いつのまにか、太陽をもとめている。
しかし、残念ながら、この宮殿からは太陽は見えない。
影ができるのは、暗黙の光りがあるからだ。

語り部が今日も昨日のことのように、未来を語っている。
嘘つきは相変わらず、退屈そうに、影の相手をして、
ストライプの渦を作りながら、その巻かれ方に、
自分に酔っている。

(128秒の沈黙の後)

えん罪がほとんどの中、永久追放者があらわれたことがあった。
もう1000年も前の話だ。
その影は光りを知らずして、永遠に地平をのびた。
誰にも止められない速度で、時間をだまし続けた。
確認のしようがないのだ。
あまりにはやすぎて。
その憂鬱さを確かめる事がだれにもできなかった。

いまの玉座に座っているのは、飾りにすぎない。
(干涸らびた神父)
狂ってしまっているのか、毎日、自分の罪を告白し続けている。
ああ、いつか見つけよう、そして、うちへ帰ろう。
(けれど、そこにはなにもない)
許されると思っていたんだね、けど
逆方向に言葉を発してしまっては、
誰にも理解されることはないし、
いずれにしても誰の興味もひく事はない。
だから、あなたはもう玉座をおりて、
まっすぐに影のひとつになればいいんだ。

わかっているのは、きみだけだ。
すべて、傷ついている。

誰もが、時間をすぎていくのと同じように。
そして、その傷は言葉ほどに、だれかのものではない。
傷は傷であって、影のひとつ、
ストライプのながさ、永遠の一部、捨てられた時間。

////////////

7th/January/2015/19:23

ラスティ、ラスティ、何処にいるのー。
ラスティ、ラスティー。

目の前に飛び出してきた子犬に目をやると小さな女の子が駆け寄ってきた。
子犬は私の足にくっついている。
子犬から女の子に目を戻すと女の子はこちらに駆けながら、ラスティおいで、と言った。
私はしゃがみ込んで子犬の頭を撫でる。
ラスティお帰り、というと女の子の方を向いた。
子犬を抱きかかえる女の子。
お姉さんありがとう、と女の子が言う。
私が立ち上がろうとしたとき、意識が不意に消えてもう一度しゃがみ込んでしまった。
貧血。
少女の体ってこんなものだよね。
お姉さん大丈夫、と女の子が聞いてくる。
私は、ゆっくりと立ち上がって、大丈夫有り難う、と女の子に言った。
女の子は子犬を連れて、お姉さん有り難うさよなら、と言って庭に戻っていった。
私の名前もさよなら、変なの。
早く研究所に戻らなくちゃ。

blog_5 - 114

アムニージア、アムニージア、アムニージア。

28th/September/2007/22:03
今朝、雨で。

 今朝、夢の中で 椿に会った。
       霧の深い、深緑の森の中。

  少し歩くと、目の前に誰かがいて、
ぼくが立ち止まると、そいつがこっちに向かって歩いてきた。

 速くも遅くもないスピードでパレードのような歩き方、
 ひとりで、パレードをしているように見えた。

けど、違った。濃い霧の中でも顔がはっきりとわかるところまで
近づくと、立ち止まった。

椿だった。左手の薬指にギザギザの付いた黒いリングをして
リングがゆるいのか、その向きを気にして、何度も直していた。

30秒ほど、椿は、リングをいじっていた。
それから、急に何かを思い出したように、こちらを向いた。

(8月24日以来だね)

手に提げた小さな黒いなバッグから
一枚のCDを出して、ぼくに向けて差し出す。

  何も言わずに、CDをこちらへ差し出している椿を
2秒ほど、見つめてから、CDを受け取る。

    CDを渡すと、何も言わずに椿は消えた。
CDには、小さな文字で「Number 7」と書いてあった。

 7、孤独な数字。(誰かがぼくのなかで呟いた)

  目が覚めると、いつもの天井が見えた。
  CDには何が入っていたんだろうと考えた。

けれど、あれが夢だったことを改めて思い出して、
考えることをやめた。
    みんな、行ってしまう。

     来月には、ぼくも消えてしまうだろう。
 ぼくの本当のぼくって、いったい、どんなものなんだろう。

会えるものなら会ってみたいと思った。

   アラームが鳴った。
   クスリの時間を知らせている。

     ぼくは、まだ目覚めたばかりで
    気怠いからだを少し起こして立ち上がって、
      バスルームに向かいながら、クスリを飲んだ。
 バスルームの中でお湯につかりながら永遠は煙草を吸う。
  湯煙と煙草の煙が交ざり合う。

   目の前に新しい永遠が立っていた。

  お湯の中の永遠は、煙草の煙をゆっくり吐き出すと、
    その煙と一緒に消える。

     永遠は、出しっぱなしのシャワーを止めると
 バスルームを出て、からだを拭きながら
        いまの季節はいつだろうと思う。

     秋ならいいな、小さく呟いた。
  夢の続きが気になった。
   いまの季節が気になった。
椿のまつげを思い出した。
 虚ろはどうなったのか、ぼくはどうなるのか。

  けれど、どれもみんなどうでもいことばかりだと気づいて、
永遠は、少しだけ笑った。

 せかいのはて、ここはせかいのはて。
   本当ってなんだろう。
   そう、思うと、急に、生きることが怖くなった。
       とても憂鬱な朝だった。
         叫びたかった。

          (もうすぐこれも終わる)

         外は9月で、少し風の冷たい曇り空で
 静かに霧雨のような雨が降っていた。

///////////////////////

6th/January/2015/18:59

どんな生命であっても自分の死を確実に予測することは出来ない。
事故であれば唐突にやってくる。
病気だとすれば病気の種類によってある程度わかる場合がある。
それが余命宣告である。

あなたの息子さんはあと3年か4年か進行によってはもっと早く半年後という可能性も
いずれにしても多臓器不全でお命を落とすことになるでしょう。
そんなに悪いんですか、手術でなんとかなりませんか、と母親が言う。
最善の手段は尽くしますが外科部長から説明があるようなので
話しを聞いてください。
外科部長の島崎です。
彼の場合、既に多臓器転移している可能性のある中で
問題の箇所を切り取ってしまうと
週3回4,5時間の血液透析が必要になってしまいます。
5年生存率が20%の見込みでは
外科的療法はやめて放射線療法に変えた方が彼の生活のためにもいい選択だと思います。
はい、放射線科の矢吹です。
放射線科もQuality of lifeの観点からそれを提案します。
患部を切り取ってしまうと先ほど言われたように
週3回の通院による血液透析が必要になってしまいます。
透析の負担も大きい上に血液透析感染などによる腹膜炎などの合併症のリスクも高くなります。
それに加えて腹部大動脈瘤にある、、、、、、、

病院のベッドにいるってだけで憂鬱になるよ。なんでだろ。
手がしびれてきた早く終わらないかな点滴。
2月か3月になったらまた銀座と新宿に行きたいな、あと渋谷。
看護師さんがきた。
ねえ、ママは、と聞いた。
先生たちと話してますよ。もうすぐこっちに戻ってきますからね。
もうちょっと待っててね。
はーい。

blog_5 - 113

ランデブー9。

10th/December/2006/06:46
感覚と砂漠。

目を開けたら 真っ暗だった

真っ暗は 濃紺のインクを
霧吹きでふりまいて

空間中に闇の微粒子が ばらまかれたような

濃密な 真っ暗だった

空間は広大で(見えなくても、なぜかわかる)
上を見上げると
ぽっかりと月が浮かんでいるように見えるのは
あれが この闇の入り口(出口)なのかもしれない

静まり返った空間に
サラサラ 音が聞こえる

サラサラサラサラサラサラ…

暗闇に目が慣れると
ぽっかりと穴があいた天井から地面まで続く
一本の細い線が見えた

細い線はチラチラと
かすかに光っているように見える

近づいて良くみると
細い線に見えたものは

細かな粒子の砂粒が天井から
一本の筋になって落ちている様子だった

その砂の描く 限りなく真っ直ぐな一筋は
サラサラと音をたてながら
少しずつ        少しずつ地面を砂で埋めていく

砂が落ちている地面には
ほんの少しだけ 砂の山が出来ていて

砂が その山に落ちるたびに
山を崩しながら ほんの少しずつ

積み上げられていく

そして 気がつけば いつか

砂の山は 砂漠になり
細い線は どこまでも続く デジャブになり

感覚の 砂漠 に降る 雨を
待ち続けている

 雨
 は
 降りつづく
雨に 流された砂は
蒸発し 空に落ちて
             また落ちる

繰り返し
繰り返し
繰り返し

どんな夢にも
砂時計は 狂うことなく
正確に 秒を 落とし    続け

(まったくの偶然と恐ろしいほど精密な感情)

サラサラと音をたてながら
砂に還る

///////////////////////

5th/January/2015/19:16

後ろからついてくる部隊の銃撃がやまない。
岩陰に飛んで背にしながら銃弾の数を数える。
さっき背中と肩にもらった二発が痛い。
とりあえず痛み止めを刺す。
けどこの体はもうもたないだろう。
この茂みから出れば国道に出る。
人通りの多い場所だ。
なんとかなるかもしれない。
温かいスープが飲みたいと思った。
オマール海老が入ってるマサラ風のスープ。
いつもは食事のことなんて考えたことないのに
こんなときに思うなんて。
いや、こんなときだからか、もうすぐこの体は死ぬ。
死ぬ前に体が欲するものなんて
そんなものなんだろう。
とりわけこんな早朝からの銃撃戦では。
銃撃が激しくなってきた。
今しかない。
岩陰から飛んで茂みを抜けた。
着地すると目の前に制服を着た女子高生がいた。
鏡がない。
直接いくか。
女子高生の肩をつかんで目を見る。
目の中に目が反射した瞬間痛みが消えた。
さっきまで僕だった倒れていく少年は、痛い、と声にならない声を出した。
僕はそれが倒れきる前に走ってそこから逃げた。
さよなら、誰かさん。
少しは時間を稼いだはず。
あとは出来るだけ遠くへ逃げるだけだ。
待ってて、姉様。

blog_5 - 112