悲しみのトライアンフ。

起こり得たかも知れない事故が
遁走曲(フーガ)で終わったのは見事。

 演技は『九による証拠』、
 むろん独演、
 片手の動きで女神(ミューズ)たちを自由自在に入れ替える。

(Jean Cocteau / L’Ode a Picasso)

私は人ではなかったけれど、
人の言葉を話し、人のすることなら大抵のことが出来た。
ただし、人の真似事をするときは、
私の意識を宿らせるための生きた人間が必要だった。
私は幽霊とかの類ではない。
私の意識は人の持つ意識と構造上変わらなく、
同一性はないものの、
人間という種族が自己の意識を特別に大切にする限り、
私は不変で普遍な存在なのだ。

数世紀が過ぎ、
私は数々の肉体を渡り歩き彷徨い、いまは主人の中にいた。
あなたの意識に浮かび上がることが出来なかった無数の選択肢の墓場。
そこが私の住処だった。
あなたは私の主人だった。
私は主人とよく二人で話をして過ごした。
あるとき主人が私にこう言った。
「時々ならこの体を自由に使っていいんだよ。」と。
主人は何故そんなことを私に言うのだろうかと思い、私は戸惑い思わず空を見ていた。
私は主人の中にいるだけで十分満足していたのだ。
一人格としての扱いを受けることに強い疑念を抱いた。

私が流す涙をすべてあなたに捧げます。
それであなたは安らかに死ねるでしょう。
誰もいない世界でたった一人のあなた。
私のいない世界でたった一人のあなた。
さあ、死にましょう。
もう、、
逝きましょう。

世界は誰のもの?

>神様、否、

命は誰のもの?

>自分、否、

大気を切り裂くスピードがすべてを奪う。
私の目、私の耳、私の心臓が、波打って拒絶する。
あなたの閉じる目を無理やりこじ開けて私を目に焼き付けさせる。
私には体がない。
私は闇。
逝きましょう、あなたの元へ、
世界の果てへ、

さあ始めましょう、終わりの始まりを、
命の際で、もう肉が焦げている匂いがする。
あなたの体が燃え尽きるまで
私は続く。

始まりの祝杯を!

さあ、逝きましょう。
等しくみんなが希望にすがり幸福を奪い合う世界へ。

%e5%85%ac%e5%bc%8f%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%88-1-%ef%bc%8f-1-25

成層圏のエイプリルフール。

愛せ。汝が闇より出でよ。愛せ。これわが永久に変わらざる思いなり、
頼りなき哀れなる魂よ、われを汝愛すべく、われことさらにここに残りぬ!

Paul Marie Verlaine / Iil faut m’aimer

朝は静かにおとずれる待ち人のたった一人もいない高度1万キロメートルの成層圏から。
光の線が朝5時を知らせながら眠りにつけないでいる存在しないゼロの魂をなだめている。
冷えた空気の中から存在しないゼロの魂が熱を放射して命の等価交換が行われている。
悲しみが真実をゆがめているんだ!
みんな! 気づいて! ここは宇宙!
とても広大な世界のほんの一部なんだよ!
そして、もう1秒前にさえも戻れない冷たい世界なんだ。
僕はここでずっと夢を見ていただけなのかもしれないし、
夢を見ているのは僕じゃない誰かかもしれないんだ。
何が真実か本当か知りたければ、今すぐ首筋にナイフを突き立てて一気に振り下ろすしかないんだよ!
何が本当で何が嘘なのか僕にはもうわからないから死ぬしかないんだ。
ああでもそれでいいね、夢なら目が覚めるだけだし、時間もない暗闇に飲み込まれたなら、それが真実だったってことさ。
それを知るのは僕じゃない。
それを知るのは今ここにいる人すべて、
きみやきみやあなたやきみやきみ!
ここにいるみんな、真実を知ることができるのは僕じゃない。
これを眺めているすべてのきみの目だ。

今日はエイプリルフールですね。
またひとつ年をとりました。
僕はもうこの世界にはいませんが
どうぞこの夢のような意味のない世界の構造を支配して
きみは笑っていてください。
最後に笑ったのはやっぱりきみでしたね。
よかった。
これでいいよ。
さよなら、ばか、愛してる、ずっと、永遠に・・・

Y

有難う

公式ブログ用フォト - 1 / 1 (21)