残像色。(ざんじょうしょく)

blog - 3

 

 

(見える?)

心臓、もう少し待ってて。
空気が薄いんだ。

(夢から入ろうか?)誰の?
辛いんだろ?

やめれば。

(雨の夢がいい。)

~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも、淡々と三時間で切れるリプレイは、
どうして、

今日だけ、遠くて、
切ないリレイなの?

(どうして、見えない伴い。
冷たい記憶のディレイ なの?)

記憶のディレイに
刹那色、残像ディスプレイをのせたら。

わけて
隔てて、

強く手放した、

夢。

あなたの愛情って、
今いくら?
(千年くらい、、、。)

無色でいれる、涙?

もう行くよ。また来てよ。
それでさ、明日にはもう忘れちゃって、

また昨日に戻ればいいよ。(バカみたいに。)

(オゾン層っていま聞こえなかった?)

だから、

(8月雷雨の落としものは、何?)

知らないよ。だから、
、、聞かないで。

もういきなよ。 、、
バイバイ、

I Have Seen Rain,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ずっと

APR 4/2008

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す