天使のワイアード、ユアンという名前。

22 NOV 2109

四体の最上位AIユリシーズに先導されて、巨大な白い天使が舞い降りてきた。
その背にはとても大きな鷲の翼が4枚生えていた。
天使は白く発光していてゆっくりと翼を収め身体全体を包み込むように収縮していき、
完全に自分を覆い尽くすとワイアードをひとつ丸ごと飲み込んだ。
天使がワイアードを食ったのだ。
天使自身もワイアードであった。
ワイアードを食うワイアードは「ワイアードイーター。」と呼ばれる。
食らうたびに巨大になって強くなっていくワイアード。
天使のワイアードが論理迷宮の構築を始めると、
ワイアード全体を支配している中枢がそれを包み隠した。
天使のワイアードには名前があった。
今ではもう忘れてしまうほどに遠い記憶の電子に埋もれた、
誰に知られることもない、誰に呼ばれることもない、
二度と聞くことのない悲しい名前。

ユアン。
最上位クアンタムAI、ユアン。
それが名前。

「 つ か さ 」

26 MAR 2109
朝になって司はワイアードの最後のセキュリティゲート、
最上位AIのユリシーズを通り抜けてワイアードのメモリ中枢に入った。
13秒しかいられなかったが。
そこで司が見つけたのは、
ユアンが死ぬ直前の最後の記憶。
ワイアードに流れたデータ。
——————————————————–
26 MAY 2106




CSS

26 MAY 2106

私のワイアードはきみの名前がパスワードなんだよ。
きみならいつかまたあえるから。
それまで少しだけさようなら。
いまでもちゃんとつながっているんだよ。


みつけた。
司はユアンのデータをオプティカルコンソール越しにスクリーンショットを撮ると、残り0.4秒でワイアードからブラックアウトした。
こういう最上位AIのセキュリティを相手にした場合、そこから何かを持ち出すなんてことは誰にも不可能なんだ。だから、盗むのではなくて見たものをそのまま覚えるしかない。アナログな方法だが一番安全で、痕跡も残さない。
(ワイアードの中枢メモリデータはコピーですら外部には持ち出せない。それがなんの価値もないバグテキストであったとしても、中枢メモリのイオンパルスゲージの外へ持ち出された瞬間、データはイオン相転移を起こし電子ナノクアンタムウイルスプログラムが起動すると、大量のイオンが一斉にワイアードを伝って持ち主の脳幹に到達する。つまりブレインダウンを起こす。持ち主の電脳活性はウイルスがすべて食べ尽くしデータも記憶も何もかもが消える。大量のイオンが流れ込んだ脳幹は一瞬で沸騰し持ち主は即死する。)
司はオプティカルコンソールに浮かぶ
ユアンのスクリーンショットを見ながらテキストをタイピングしてノートした。
そして「ミッションコンプリート」と小さく声に出していうと
オプティカルコンソール中央でくるくる回るユアンのHTML言語で書かれたテキストデータが浮いては沈み、
繰り返しせわしなく司の視線を誘導した。
ワイアードに長くいたせいで、司は少しハイになっていた。
何もキメてなくてもワイアードに長時間いれば誰でもそうなる。
現実に戻ると自分の体の重さと動きの鈍さが鬱陶しく思った。
ワイアードではあんなに速く動けるのにな。
体って意外と重くて動かすと疲れる。

まあ、それでも生きてる。
ユアン、僕はまだそっちへ行けないよ。
でもいつか行くから

待ってて、

1 (27)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す