私が存在する限り、死は存在せず、死が存在する限り、私は存在しない。

此処に来たばかりの私は言葉というものを知らなかった。
それに本物の人間を見るのも初めてだった。
私は人ではない。
生涯単体で生きる私にとってコミュニケーション能力は必要がない。

私は人ではない。

猫がいた。
私は言葉を話せるようになるまで猫と同じようににゃあにゃあ鳴いて猫とだけ話した。
猫は少しまだらのある綺麗な灰色をしていた。
私は人の形をしているけれど、中身は全く性質の違う生物で、
もしかしたら生物ですらないかもしれない。
生命ですらないかもしれない。
私は不安になって地面に座り込み、手近に落ちていたハンマーと小さな細い釘を拾って
左足のつけねに彫られた詩のフレーズの一文の最後の文字の下にハンマーで釘を打ち付けた。

いたい。
とてもいたい。
でも、わからない。
ここはどこ、

気がつけば私は海の底にいる。
息をしていないのに
苦しくはない。
やはり私はひとではない。
では私とはなに。

美しい黒い目、綺麗なカーヴを描く長い睫毛、
そして、左足に彫られた詩のフレーズに打たれた釘のピリオドが私を証明する。
(As long as I am, death is not, and when death is, I am not.)

世界の終わりで私が見たものは15世紀を完璧に模倣した演奏会。

初まりの曲は「武器を持つ人(Missa L’homme arme sexti toni)」。
舞台の中央には石造りの十字架が鎮座する。
誰もが演奏に見入っている中、
私は孤独でたったひとり息が苦しくなって、
ひざに頭をもたげ発狂しそうになる。
わたしは「これは夢」と呟いたあとバッグから注射器を出して足首に刺した。
それで私はやっと自分に戻る。
そして束の間、演奏の途中、胸ポケットの中の携帯が派手な音でホール中に響き渡った。
それまで熱狂的に演奏に集中していた観客の全てが私を憎しみの目で一斉に見る。
私を憎む何千という目が私を磔にする。
それは比喩だけれど、実際に私はもうこの夢の恐ろしさにまいっていて、
正常な感覚をなくしていたから、ただ怯え目を閉じるしかなかった。

指揮者の手が止まった。指揮者は手を下ろす。
そして首が古い回転人形の錆びた歯車のような動きでゆっくりと不自然な形で真後ろを向いた。
指揮者は首だけを後ろに向け、金製のタクトを私に指し「Merci!」と叫んだ。
ポンパドゥール夫人とデュ・バリー夫人が貴賓席から拍手すると皆が一斉に拍手しホール中が熱狂したあらゆる私で満たされる。
幼い私が席を立ちか細く話す。
「これは、ぜんぶ、わたし、わたし、わたしだけ、ここにはわたししかいない」
そうよ、みんな私なんだ。

「だから私はずっとひとりでいたいのよ!」

此処が何処なのか私は知らない。
それに本当は知っていたとしても、教えたりしない。
それに知る必要もない。
それを知るのは当事者である私だけでいい。
ここにいるのは私だけでいい。

1 (21)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す