儚さを夢を嘘を永遠を隠す。そして、新しい私。

いやなんです
あなたのいつてしまふのが――

花よりさきに実のなるやうな
種子たねよりさきに芽の出るやうな
夏から春のすぐ来るやうな
そんな理窟に合はない不自然を
どうかしないでゐて下さい

(智恵子抄・人に/高村光太郎)

冷たい温度は、悲しみの記し。その中に言葉を埋め閉じる。
温度はここから先にある全ての保存則に従い、円を描く。
それが運命の輪。
決して変えることのできない絶対不変の現象。
言葉がそこに意味を与える。

「これは夢の話ではないよ。」と椿が言った。

小さなさよならを連れた椿が「ほら、さよなら、やっておいで」というと、
恥じらいながら小さな声で言う。
「私は無力で、無知で、弱い。
まだ小さなこの身では女としての価値もない。
私はそれでもりょうの足で地に立って空を仰ぐ。
なにも変えることのできない自分を、
変えるための自分殺しを行う。
私はこれから一度死にます。
花を飾る隙間があれば救えたものを、
きみはどうして、手を離したの。
この記憶は私のじゃない。
誰。
私に入らないで。
私は今から死ぬのだから。
本当に愛していたの、
愛していたのに出来なかったの。
きみには無理が多すぎる。
だから、愛想を尽かされる。
救いようがない。
自分の中身が空っぽだということに気づけず、
宛先のない手紙はどこにも届くことはない。
手紙の中身さえ、
なにも書いてないただの白紙の紙なのだから。
ただ名前を呼ぶことさえ僕は躊躇った。
きみの名前を僕はたった一度も呼んだことがない。
本当は一番呼びたかった名前だというのに。

わたしのきおくから、
きえて
わたしはもう、
しのなかにいる、
はやくにげて、なかのひと、

椿がさよならの手をひいて、
霧の中に消える。

私は椿の手を離さずに椿に問う。

「椿、私は新しい?」
「私は新しい?」

「うん、新しくて素敵だよ、
さよならは大人になったね、とても綺麗だよ」
椿がさよならを見つめて褒めた。

私は私の中に新しい私を作った。
それは私の王国そのものだった。

さっきのひとは、
どうなったのかな、
しらないひとだけど、
なつかしい、
どうして、
なみだかでるの、
わたしないてるの、
どうして、
どうして、
どうして、

1 (20)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す