かたちのないわたし、さよならの接吻、

冷酷な告白よ、私の願った未来、恋人への接吻は、
たった9つの文字で無に帰った。
今や闇を照らす蝋燭さえも消えかけ、
最後の揺らめきを楽しんでいる。
私はそれをただ見つめていただけ、
何もせず何もできず、あなただけを見つめて、
何も知らないふりをすることで、
私は私を慰めた。
そして私はあなたを失って、
冷たい気持ちの化け物になる。
私は壊す。
いつか夢見た世界を。

28 September 2016 14:00:26
Shiki Watanuki
—————————————-

冬のすべてが私の中に立ち戻る。怒り、
憎しみ、おののき、怖れ、逃げられぬつらい労働、
そして、極北の地獄に閉ざされた太陽に似て、
私の心も 赤く凍ったかたまりにすぎなくなろう。

Les Fleurs du mal LVI CHANT D’A UTOMNE / Charles Baudelaire

私の存在しない世界であなたは笑ったり遊んだりできる。
私は嬉しいよ。
あなたが楽しそうに笑う幼い表情や手首に傷を作って泣いたりしていないことが想像出来る。
私の最期はとてもゆっくりと始まった。
もう王冠のない私は静かな終わり方を選びました。
あなたが私を知らない世界で
いつまでだってあなたを待ち続けてもよかったけど、
私には長い物語はつくれないと知った。
あなたのことを
ひたすらに思い続けることは簡単にできた。
でも、それを物語にする力がなかった。
想像力と悲しみだけは無限に持っていた、ただ、
それを空想の出来事にしてしまうことがあまりにも辛くて言葉にすることができなかった。
私はこの世界に本当には存在しない。
私は風にさえなれない。
雨でもいい、雪でもいい、
なんでもいいから本当の形のあるものになりたかった。
私には死ぬことさえできない。
一度も生きたことのないこの身では、
存在自体がないのだから。
私はいない。
最初から誰もいない。
私は夢。
あなたが生涯にたった一度だけみた夢。
朝にはもう忘れてるそんな夢。
それを知らないあなたで本当によかった。
かなしいことばかりだったけど
わたしがゆめでよかった
ゆめならほんとうにはかなしまなくてすむから
めをあけて
ゆめはもうおわったよ

24 February 2016
END

1 (18)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す