白い猫。

今朝、シロが来たからご飯をあげたら
また新しい傷を作ってた。
もう、シロは弱いんだから逃げればいいのに立ち向かっていくから
こんなに怪我ばかり作って、本当に馬鹿な子なんだから。
どうして弱いのに向かっていくかな。
だめだよ、シロちゃんと逃げなくちゃ。
弱いとね、この世界では生きていけない。だから逃げた方がいいんだよ。
次はちゃんと逃げるんだよ。
わからないよね。
猫だから人の言葉は。
馬鹿な子、シロ。
でも可愛いよ。
だから僕が助けてあげるよ。
いじめた猫は僕が殺してくるから
もう怪我しないでね。
シロ。

1 (9)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す