2月10日のラプソディー。

ほがらかさにみちた天使よ、ご存じですか 苦しみを、
屈辱を、悔恨を、すすり泣きを、倦怠を、
あのおぞましい夜また夜の とりとめのない恐怖が
紙屑を丸めるように心を押しつぶすのを?
ほがらかさにみちた天使よ、ご存じですか 苦しみを?

Les Fleurs du mal XLIV RÈVERSIBILTÈ / Charles Baudelaire

2月になって冬も中心を迎えると私たちはとにかく眠ってばかりいた。
冬の寒さが情緒不安定にさせるせいで私たちは耐え切れずそれを全て冬に任せた。
冬は景色が真っ白でとても素敵だと言ってときどき私たちに声をかけてくる。
私たちは誰も返事をしない。
冬が大嫌いだから。
冬は天窓に降る雪を読書しながら飽きずに毎日みていた。
私しかいないから、とても静かね。
この風景を独り占めできるなんて最高に幸せだわ。
夜になって、暗くなると部屋に戻ってコンピュータのあるデスクの椅子に座って
ヘヴンを起動させると煙草に火をつけて、今夜の気分にあう音楽を探す。
>Paramore – Acoustic
乾いた空気に響くピアノとハスキーな彼女の声が悲しくて好き。
>Decode Acoustic
デスクの上にある睡眠薬の入ったボトルの容器を開けて今夜眠る分のクスリを
モロッコに行ったとき一目惚れして買った24金で出来たアラベスク模様のピルケースに詰める。
煙草をくわえたまま一錠一錠両手で押し出して忘れ物はないか確かめて蓋を閉めた。
それをデスクの端に寄せて目の前に広いスペースを作って鏡を置いて
デスクの端っこでマニキュアの群れに紛れてる青いボトルを手にとって蓋をくるくる回してあけると
とても小さな計量スプーンでマイクロスケールの上に丁寧にそっと乗せた。
>0.003
ボトルから少し出して足した。
>0.006
まあ、いっかー。
ハイになった冬は音楽を大音量でならし、ベッドの上で笑い転げている。
セックスしたいな。と呟いて携帯を掴むと真冬に電話をかけた。
5回目のコールで真冬が出た。
とにかく早く来てと真冬にせがんで
来なかったら私今夜死ぬから、と言って電話を切った。
そしてシャワーを浴びて、バニラのような甘い香りのローションをふりかけ、
髪の毛は丁寧に乾かし、アイライン、シャドウ、マスカラ、ファンデーションを軽く済ませて
洋服を選び、何もすることがなくなると、
またボトルを取り出してスプーンですくってマイクロスケールに乗せる。
>0.007
冬は鏡の上にラインを4本引いてそれを吸った。
またハイになった冬は電話をかけて、真冬が出ると 来るのにあとどれくらいかかるのよー、と聞いた。
真冬はあと40分くらいで着くよ、と言った。
冬は、遅いーー。早く早く。早く来なさいよねえ、と言って電話を切った。

セックスなんて本当は大嫌いなんだけどね。
だって私愛されてなんてないし、

早く死んじゃいたい。

1 (25)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す