冷たいチョコレート。

私の青春はただまっくらな嵐ばかりで、
ところどころに輝く日ざしが落ちたにすぎない。
雷と雨とがあまりにも荒れ狂ったので、
私の庭には木の実もろくに残っていない。

そしていま 私も思念の秋にさしかかり、
シャベルや熊手を使わなければならなくなった
洪水にさらされた地面をもう一度ならしたいのだが、
墓のように大きな穴がいくつも水にえぐられている。

それにしても誰が知ろう 私の夢みる新しい花々は
河原のように洗い流されたこの土地に
滋養となる神秘の糧を見出だすことができるかどうか?

おお苦しみよ! 苦しみよ!「時」がいのちを喰らい、
私たちの心臓をかじる不気味な「敵」が
私たちの失う血を吸って育ち 肥えふとる!

Les Fleurs du mal X L’ENNEMI / Charles Baudelaire

黒い鳥が空を旋回していた。
私は庭に立ってそれを見ていた。
黒い鳥は私の上を何度も旋回し続けている。
ナイフから血が滴り落ちた。
返り血を浴びた純白のドレスは黒く染まり血の匂いを撒き散らす。
死が黒い鳥を集めている。
血の匂いに寄ってきた黒い鳥は獲物をじっと待っている。
これは虚ろだ。誰にも渡さない。去れ、カラスども。

虚ろが階段を昇って行く
私は虚ろの名前を呼ぶが彼には聞こえない
虚ろの進む先に小さな光が見えた
虚ろは光になるのか
私の闇から出て行って虚ろは光になるのか
私はクスリを噛み砕いて飲み干す
ゆっくりとまどろみがやってきて私は私を忘れて行く
気持ちが良くなって虚ろを忘れだす
頭をゆっくり揺らしながら足下がふらついている
沈んで行く月がとても大きく見えた
意識がバラバラになって
私はカミソリになる

(楽園で待っていておくれ、虚ろ。)

波のように滑らかに形を変えながら
私の意識は、、、ダメだ,

虚ろ、

お前がいないなんて私は嫌だ。

1 (12)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す