雨として

絶えず私の脇で悪魔がうごめいている。
手に触れない空気のように私のまわりを泳いでいる。
吞み込むとそいつが私の肺を焼き
永遠の罪深い欲望で満たすのを感じる。
~~~~~
そして私のうろたえ果てた目の中にほうりこむのだ
よごれた衣服、ぱっくりとあいた傷口、
さらには「破壊」の使った血まみれの道具を。

Les Fleurs du mal CIX La DESTRUCTION / Charles Baudelaire

幼子が泣いている
あれは虚ろだろうか、それとも永遠だろうか
この世界には悲しみが詰まっている
泣き暴れるが良い
涙で溺れる寸前まで泣いたなら私がお前を救い出してやろう
この闇の無い世界から

突然降ってきた雨は次第に強くなって天窓を叩き続けている
私は絡み合った葉脈のように窓を滴る雨を見ていた
テラスの扉を開けると一斉に狂ったようなボリュームで雨音が耳に響き渡ってくる
私は夢の中を歩くようにふらふらとテラスを進んでいく
たっぷりと水分を含んだ空気は濡れた服のように肌に触れてきて私を気持ち悪くさせた
天井のないテラスには透明な釘のような雨が
床とテーブルと椅子や、そこにいない見えない私を撃ちつけている
ああ、びしょ濡れだよ
腕や背中に張り付いた服が気持ち悪くて仕方ない。
雨はさっきよりずっと強くなって
私は濡れて肌に張り付いた服を脱ぎ捨てて裸になる。
素肌に降る雨は不思議と気持ちよかった
激しい雨に打たれながら
私は今の私を全部忘れて雨になった
(そうだ)
私が雨だ
雨が叩くこの激しい痛みも
巨大な巨木の枝を折り遠い海まで運ぶ力も
私なんだ
私は思い出す
遠い記憶の中で雨だったことを
わああああああああああああああああああああ・・・
私が雨だ!
私が!

天窓を見上げながら雨の降り落ちる景色を見ていた

あなたがいたらどう思うんだろう
あなたを濡らす雨が私なんだよ
雨に濡れたくないよね
雨なんて大嫌い
雨音がうるさくてなに言ってるのか全然聞こえないよ!
何も聞こえないよ!
誰かなにか言ってよ!

私は雨で私があなたを冷たくする
私は雨

違う!
私は私だ!
だけど
私は誰だ!

私が雨だ

1 (10)

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す