優しく殺して。

15th/May/2007/02:27
だから、殺してくれればよかったのに。

狂ったあの人は
いつも夢のなかみたいな
世界をみていた
遠くて手の届かない過ぎた世界
列車にひかれるより
ジャガーにひかれることを
望むような人だった
絶望していても優雅に憂鬱だった
小さい女の子がよってきて
彼のまえでおじぎをした
彼は女の子の手の甲に
キスをして
かけらを奪った
女の子は夕暮れが嫌いだと言った
彼は
ぼくは雨がきらいだと言った
きみは雨みたいだとも言った
首をしめて殺した
それは彼の空想だったけれど
彼にとっては現実とかわらなかった
奪ったものは
自分自身だと彼は
気付いていない
その夢は夕暮れと名付けた
橙色にそまった女の子の
柔らかい髪を思い出す
水彩でできた彼のベッドは
淡い水色で
彼はその中で泳ぐ
真っ暗な深海を目指して
もういいよ
殺していいよ
痛くしてもいいよ
もうぼくの絶望は
退屈すぎて
(何人も殺したくせに
夏まであとどれくらいだろう
あのこは幸せになれたかな
(きみが殺したあのこのこと?
意味ないよ
そんなこと考えても
それより
どうやってあのこを殺したの?
あんなにきみを暖めてくれたのに
どうやって殺したの?
覚えてないよ
ここはどこだろう
白線の上を歩きながら
真っ白いジャガーを待っている
彼はそういう人間だった
そして彼自身が雨だった

/////////

6th/March/2015/19:00

僕はもう死んでもいいよ、と俯いて言った。
その先に未来が無くても僕は死のう、と続けて言う。
悲しみの欠片に重ねる思いがなくなって酸欠になって苦しくて吐いた。
ここで切ってと首筋を差し出して茜色に告げる。
太陽が落ちると暗闇に寄り添って泣いた。
そんなきみだから
見ているこちらが辛くなって手を差し伸べてしまう。
おいで、ここへおいで。
もういいよ、もう死んでもいいよ。
僕が殺して上げるからおいで。
(優しく殺してね。)

blog_5 - 172

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す