ロマンシア、2。

2nd/March/2015/18:39

便利な殺し屋として雇われ続ける私は恨みも何も無い人間を散々殺し続けた。
きみを失ってから私は元の世界に戻って毎日のように人を殺した。
きみの命なら尊いと思えた人の命がきみじゃないという理由だけで虫けら同然に思えた。
だから言われた通りに殺し続けた。
そうした日々に諦めがついた頃、ひとつの重大な情報を得た。
きみを殺った男の足取りだ。
あいつは今同じ街にいる。同じ街にいて、同じ空気を吸っている。
吐き気がする程気持ちが悪かった。
でもいい。これからのことを思えばそんなことにも耐えられた。
塔の上に立ってあいつの部屋を覗くとデスクに座っていた。
私はその映像を高強度アサルトライフルの光学式スコープから見ていた。
座標がダウンロードされる迄あと2秒。
アップデイティング完了。
トリガーを弾いた瞬間あいつが倒れた。
20秒後に着弾音が響き渡った。
やった。やった。やっとあいつを殺した。
きみを殺したあいつを殺した。
やった、やったよ。きみ、きみ、きみ、きみ、きみー。やったよー。
やっときみを殺したあいつを殺せた。
涙が溢れてしまう程嬉しかった。
でも、それも30分ほどで変わる。
私は正反対に巨大な虚しさに襲われた。
折角あいつを殺したのにどうして嬉しくないのかな。
どうして涙が出るの。
どうしてきみは帰ってこないの。
どうしてきみはいないの。
どうして、どうして、どうして、どうして。
どうして、神様、この世界は不条理なのでしょうか。
Amen
私はあいつの家族を皆殺しにしたあと、
きみのお墓へ花を捧げた。
(ねぇきみ私の右目をあなたにあげる。
ね、うけとって。)

blog_5 - 168

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す