3月のクリスマス。

25th/December/2006/00:00
悪魔がきたよ。

ドとレとファを持って。
空へ浮かべて音符を砕いているよ。
僕はそのかけらをメロディにするけれど、
捨てる場所が見当たらない。
いつか、死んで、いつか、死ぬ前に思いだすだろうか?

眠れない夜のメロディ。
それは空っぽだから。
うかつに近寄ったから、罰がおりたんだ。
そう、これは罰。
だから、受けとめなくてはいけない。
だから、死ねない。
死ぬが言う。
いつか、誰にでもやってくる。
だから、安心していいんだ。
それまで、我慢じゃなくて、せかいのはてに
行く方法を探せばいいんだ。
わかった?

僕には、何もない。
誰も何も持っていないというかもしれないけど。
真実の意味で、戦闘機乗りのように
いつ死んでもいいんだ。
いつかの思いがあるからさ。
語りの涙とミクニの涙があるからさ。
青い海と空虚。

///////

1st/March/2015/18:23

特に誰かのこと思い出した訳でもないのに何この切なさ。
雨の音がポトポトと後押しする悲しみのスピードで鮮明になる。
いつかの景色がコラージュされた混ぜられた記憶。
そのスピードで見えてくる景色はクリスマス。
僕の耳を壊す。
僕の目を壊す。
僕の頭を壊す。
3月のクリスマスは大分切なくて冷たい。
皆殺しの天使が午前0時一斉にベルを鳴らす。
僕はきみときみときみときみときみときみを殺す。
ああ、何この黄昏。
何この悲しみ。
返り血が気持ち悪いよ。
(一生愛してる。)

全部嘘だけど。

blog_5 - 167

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す