溢れる、愛しい、悲しい。

31st/October/2006/00:26
冷たい海のあふれる涙。(かたりの言葉)

カップに水が一雫ずつ落ちる。
いずれは溢れるだろうけど
まだ当分溢れそうにはない。
(その雫はミクニの涙?

(もしそうなら船をださなきゃ。

カップに雨が降る。雨。
カップはすぐに溢れてしまう。

誰か呼んだ?
なにか聞こえた。
だけど本当に溢れているのは
ミクニの悲しい風の吹く海。
こぼれたら
ミクニがやってきて
水晶の目で見つめる。
その水晶の中にはミクニの海があって
ミクニの見えない水晶の目から
涙が流れているのが見える。
その目を見たら
世界のすべてがわかるという。
光りと闇の世界。最果て。
猫がたくさんいて
並んで列を作っている。
ミクニのために。

カップに降る雨はミクニを呼ぶ。

語りは、毎晩僕のカップには
雨が降るよと言った。僕には意味がよくわからなかった。

////////////////

3rd/February/2015/19:15

悲しい記憶のきみの睫毛に青色の雨が降る。
スクリーンの向こうのきみに温もりを感じながら愛しいと思う。
愛しいと言う、
悲しいと言う、
きみと踊る世界の果て、夢見て。

(薔薇の咲き乱れるきみの声。)

世界の果てに降る雨は苦い。
苦いのは嫌い。
儚い夢と消えたとしてもきみに出逢えてよかった。
僕はずっと待ってるよ。
世界の果てで待ってるよ。
昨日の世界の輪廻の果てで。

blog_5 - 140

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す