さよなら、いつか見た夢。

16th/August/2007/12:48
Love Letter(共鳴する、壊れていく過程の時間について。)1/2

さよなら、いつか見た夢。
時間軸に沿って ぼくは 悲しんでみたよ。

  いい、それはすべて自由といわれた鳥かごの中の出来事。

  忘れていきます、そういうならば。

      いいこだね。

 ぼくは 悪い人間だ。(ふふ、人間だったの?w)

       殺して。(いやだ、苦しんで生きろ)

 共鳴している。なにかが。

      (亡霊?)

   壊してきたもの、きみは忘れられない。

      だから、魂を奪われた。
 では、この思考はなに?

     (くたばれ、カス)

  この思考は偽物なの?

        (???????)

   ランデブーをしたよ。(幻と?)
恋をしたよ。(鏡と?)

////////////////

20th/January/2015/00:16

虚ろが願ったのは最終的には何だったの。
虚ろって支離滅裂で、、それを遮って語りが言う。
虚ろは支離滅裂じゃないよ。
そう見えるのも全部演出しているのさ。
虚ろはずっと誰かとお花見に行きたいって言ってた。
お花見って、、桜のですか。
そうだと思うよ。
誰か一緒に行ってあげられる人いなかったんですか。
いたけど、誰でもいい訳じゃなく誰か特定の人がいるみたいだよ。
今年は行けるんですか。
どうだろうね。そうだといいね。

桜の花びらをマジックで描いた写真を
もう一枚違う色のマジックで描いた写真と見比べて
虚ろは変わらないな。
本当に可愛い。
もうすぐ桜の季節が来るね。
その頃にまた会いにいくからね。
待ってて虚ろ。
おやすみ虚ろ。

虚ろは、あーひまー、と煙草を吹かしている。
アンブレラに会いたいなー。
何してるんだろ。
アラームが鳴った。
もうそんな時間かー、寝よーっと。
そう言ってピルケースから何種類かの薬を出して飲んだ。
ベッドに入り横になって目を閉じた。
おやすみアンブレラ。

blog_5 - 125

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す