アンデッド。

21st/November/2006/06:13
音楽室と音符。

カタンと音符が落ちた。
知らないふりをしていたかった。
それほど
執着したくなかったから。
落ちた音符は高い音階に戻した。
音階は夢のとおりに
並べて

遊ぶコードと夏に作ったメロディが 急に流れ出す。
僕は音符の端に掴まってただ待ってる。
(三半規管は正常ではなかった。)
そのまま、音階を降りて
暗がりを探す。
(見つからないように)
もうどうでもいいよ、という時間になって
やっと音符が動き出した。
音符は自律神経を持っていて

自由に悲しくなることができる。
それに休符もしょっちゅうやってくる。
だから、メロディはすごく遅い。
悲しみを追い越すことができない。
立ち上がって音符を窓に投げつけて
夢と同じ結果を求めた。
けれど窓はつくりもので
音符は高く澄んだ青いガラス瓶のような音を出した。
ふいにピアノがやってきた。
同じフレーズをずっと繰り返して
高い音を出した。
それでひとつ音符が死んだ。
音楽室にはイスがひとつだけあった。
そこに死んだ音符をのせると
空虚が歌いだす。

すべてー、すべてー、すべてーがー、すべてがー知りたいのー♪

(空虚が本当に知りたいのはきみの嘘。)
そこでピアノは突然転調し悲しみになった。
自由だった。
音楽室の中はいつも自由だった。
悲しみで満ちてはいたけど。

////////////////////////

3rd/January/2015/17:50

うるっせーなー、俺に命令するんじゃねーよ。ばーか。
離せコラ、なんだよったくよー。やめろっつうのー。

彼一度眠らせて。
>はい、わかりました。

おいお前今なんつったー。おい、お、ま、え、、、、

>眠りました。
有り難う。凶暴な性格ね。品がないし、可愛げもない。
虚ろとは大違いだわ。彼の名前は?
>記録では「ジンロウ」カタカナでジンロウです。
ジンロウ、野蛮なきみにちょうどいい名前。
ダメよ、ジンロウ、その体は虚ろ君のものなんだから丁寧に扱わなくちゃ。

>主任、このあとどうしますか?
そうね、本当は嫌だけど、ジンロウと話さないとレポートが出来ないのだから
起こすしかないわね、このまま。
ただし、拘束具つけて。

ジンロウ、起きなさい。ジンロウ、ジンロウ、起きなさい。
意識があるはずよ。ジンロウ。起きなさい。ジンロウ、

うっせーなー。何回も名前呼ぶんじゃねーよ。
それと呼び捨てにすんな。
様つけろっつうの、感じわりー女。
それとなんだよこれっ、ぜんっぜん動けねーじゃねーか。
俺を今すぐ殺すか、この拘束具はずせ。
じゃねーと、お前が死ぬことになるけど、それでもいいか。

どちらも却下よ。
それに私は死なない。
(このやりとりはどこかでしたような、、、)

ジンロウ、あなたは「女王闇」を知っていますか?
この名前に聞き覚えがありますか?

あったらなんだよ。

女王闇について知ってることを全て話して。
さよならのことは知っているわ。

さよならに何かしたら絶対殺す。ぶっ殺す。

あなたが話してくれれば何もしないわよ。
>主任、所長から内線がかかってきています。
(タイミング悪いわね)
はい、今からですか? いえ、問題ありません。15分後に。了解しました。
彼、もう一度眠らせて、語りに変更して。
(虚ろ、さよなら、語り、永遠、ジンロウ、まできた。
あと少しで本当のあなたに会える。
長い夜もいつかあける。)

blog_5 - 110

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す