遭難。

Nov 19 2012 01:19:03

気がついたら海の上にいた。
何処を向いても水平線が続く広い海の上。
何処へ向かっても
何も見えない気がした。
それだけ広い海。
際限なく続くただそこに居るだけの時間だけが過ぎた。

少しだけ遠くをみたかっただけ。
此処ではない知らない何処かで
何かを見つけたかっただけ。

海は(カラー番号はC412013番)悲しいほど青くて
入り口も出口も無かった。

何処へ向かっても
何処へも向かうことの出来ない此処はもう
何処でもない。
世界の何処かでさえない。
時間だけ残して
全て消えた。

海水は
涙と同じ味がした。

失う。
何も得られない。
消えていく。
宇宙の塵。

広大な海、世界でさえない孤独という名の海。
忘れてしまったものを
取りに来ただけのつもりが
何も得ることなく
元の場所へ戻ることも出来ない。

生きる時間と必要なものは全部揃ってる。
(カモメが時々太陽を横切る。)
死ぬ理由もなかったけれど、生きるに値するだけの明確な理由が
ゲシュタルト崩壊のように脆く意味をなくし消えた。

時計の針は進むことをやめない。
考えるだけの時間は
無限にあるのに
何も思い浮かばない。

2時13分。

ミクニの海は残酷なほど悲しい。
夜の海ならなおさらだ。
暗くて、ああ、とても暗くて
静かで
僕は太陽を待って
ただ待ち続けて
それだけ。

これからどうしようか?

何も思い浮かばないよ。
多分、僕はもう何処にも帰れない。

Nov 19 2012 02:24:28

珍しいな、今とても眠い。
もう寝るよ。

おやすみ。

blog_5 - 091

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す