Velvet Morning (in the rain)

悲しい夢を見ますか?
あなたは悲しい夢を・・・・

狭苦しくもので溢れかえったコンピュータデスクの上に
マニキュアや薬瓶やペンスタンドや灰皿に混ざって
美しい薔薇のコーディネートがある。
何年か前に開発された本物の青い薔薇のプリザーブドフラワー。
ここにあるのはその開発で初めて作られたもののレプリカ。
プリザーブドだから香りはしないし、
したとしても煙草の匂いでわからないだろう。
青い薔薇が特別なのは
自然界に青、シアンという色素が存在しないからだ。
だから、人工的に遺伝子を改ざんして作られた。
人工的というと大量生産できそうだけれど
そういう話しは聞かないし
沢山出回っているわけでもない。
今でも特別な贈り物として高価なものらしい。
赤い薔薇の写真のデータがあれば簡単に
青い薔薇に変換することはできるし
実際にそうしたものをコンピュータ上で見たことはある。
大して興味は惹かなかったけれど。
その理由がコンピュータの画面だったからなのか
偽物だと初めから知っていたからなのかわからない。
けれど、目の前にある本物の花は美しいと思う。
プリザーブドだとしても美しい。
何故、青は特別なのだろう。
わからない。
空も海も青い程美しいことに似ているか。
これは僕自身の価値観だけれど。
青い海はいい。
本当に青いんだ。
エーゲ海を初めて見た時にそう思った。
青いって、いいね。

知ってる?
悲しい夢って青いんだ。
全部青いんだよ。

悲しいって青いのかな。
青いって悲しい?
違う。
僕の心は青い。
だから悲しい。
どうして?
どうして?
どうしてなんだろう?
誰も知らない。
誰もわからない。
僕もわからない。
永遠にわからない。
わかるのは
青い薔薇が美しいってこと。

きみが去ったあと
きみの温もりの残った
ベッドを椅子変わりにして
僕はコンピュータをいじっていた。
あのときはまだデスクに青い薔薇はなくて
代わりにきみの写真があった。
僕はあれから
何かを探して今もまだ見つけられないでいる。
きみはきみの欲しいもの
見つけた?
僕はあのあと三回死んで
四回生まれ変わった。
きみの知っている僕は
きみが去った三ヶ月後に死んで
今の僕は三週間前に生まれたばかりだ。
記憶だけ共有しているけど
きみを直接は知らない。

きみは今も
ヴェルヴェットモーニングが好きなのかい?

Do you have a sad dream?

___Yes I do

blog_5 - 085

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す