舞い散る桜。

暗い闇の中に天窓から光が差している一筋のロープのような場所があって
私はその光の筋を静かに音をたてず歩いている。
しばらく進むと光の筋のおしまいの所にドアが見えて私はそのドアを開ける。
ドアを明けると光が一斉に目に入ってきて思わず目を閉じた。
光に目が慣れてくるとそこは公園で一面に桜が咲いている。
私の隣にはあなたがいて手を繋いでいて
桜の回廊をゆっくり人の群れに従いながら歩いている。
あなたが時々こちらを向いて笑顔で何か言うのに
私には何も聞こえない。
私は何も聞こえないから何も答えられない。
それでも時々あなたは話しかけてくる。
私は何も言っていないけどあなたには私が何か話しているらしく
あなたは相づちを打っている。
そう思っているうちにあなたの声が徐々に聞こえ始めた。
私はあなたの手の温もりに懐かしさと切なさを感じながら
これは多分夢の類いなのだと思う。
私はきっと夢でもいいからあなたにもう一度会いたかったのだろう。
私はあなたに手を引かれてベンチに座ると
あなたがどこかに行ってしまう。
もう行ってしまうのかと涙が出そうになったら
あなたが飲み物を持って戻ってきた。
私はあなたから飲み物を渡されてそれを一緒に飲んだ。
この時あなたは色々な話しをしていて
でもほとんどはこのお花見の公園のことについてだけれど
私はあなたが話す言葉の一言一句を予め知っている。
これは一度通った過去だから。
それでも、私はあなたと手を繋いでいるだけで嬉しくて泣いてしまった。
あなたには私の涙は見えていないようで
それは良いことだけれど
この幻想か夢がずっと終わらなければいいなと思う。
私の記憶が正しければこのあとあなたは重要なことを言うのだ。
けれど、その内容を忘れてしまっている。
だから、私はそれを記憶として記録するために
もう一度あなたの言葉を聞きたいのだ。
私の手をとってあなたは立ち上がる。
立ち上げると風が吹いて桜が空一面に舞い散った。
それがあんまり綺麗だったから私は綺麗ねと声に出して言った。
あなたはその声に振り向いて他人を見るような目で手を離して後ろに下がる。
そこで私はまた暗い闇の中に戻った。
それは幻想でも夢でもなかった。
私だけの世界の出来事で
結局あなたの言葉は聞けないままそれは終わった。

blog_5 - 59

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す