2513 – refrain

2013-02-07 18:38:03
テーマ:2513年
2513年 20:02:03 PM

タイマー普及3ヶ月後、人類は滅亡した。ブレインドライブは各人間同士の脳波のゆれ(同調率の違い、個体差の乱れ。)を危険分子とし排除要請、タイマーは実行した。当初二足歩行しか出来なかったタイマーは二ヶ月で単独で大気圏を越え宇宙航行が可能なハイブリッドマシンに進化した。タイマーは各自個性的なフォルムに変化しながら大陸を移動し人種を問わず殺し続け、ついに人類は滅んだ。ブレインドライブのコンセプトロムはヒトの脳に最適化されていたため、人類以外の生命は排除対象とみなされず、動物やバクテリアやウイルスなどは生き残った。人類が滅んだ世界でブレインドライブの進化は更に続いた。結果、ブレインドライブは四月一日四季の想像を越えた。ブレインドライブのメインフレームは個(個性、多様性、沢山の樹の枝が太陽に向かって非同一化を伴って上へ上へと伸びていく、そういった自然界にある当たり前の個と個の違いのような曖昧さ全て。)を否定した。多様性(個性)を脅威と回答したのち、各タイマー同士が破壊し合うよう仕向けた。そして最終的に一台のタイマーが残った。最後に残ったタイマーはレディオコントロールキャンセラーを開発しメインフレームからの電波受信をカット、メインフレームから独立した。その後タイマーはメインフレームが送信する超超高速電磁波を光周波数カウンタで解析、シベリア凍土地下200メートルにあるブレインドライブのメインフレームの座標を逆探知した。タイマーがメインフームへ向けて超熱融解圧縮トランスニードル(通称「SHMSTRニードル」細さ1マイクロミリメートルの超耐熱性高分子融解ニードルが破裂すると100万℃で熱分裂しロックオンした高分子だけを蒸発させる。)の発射をオンコントロール状態にすると、メインフレームは攻撃の42秒前に全コントロールユニットにコード「0」を解放。全メモリを消去した。全てのブレインドライブは機能を停止しタイマーのSHMSTRニードルのオンコントロールは解除され、メインフレーム自身も活動を停止した。

それから、1万年後、フレアが水星を飲み込むほど太陽が活動を活性化し、太陽系は壊滅的影響を受けた。地球の海は3分の2が消失した。太陽の活性化は約100年続き、水星と金星は消失した。月は燃え尽きてなくなった。地球上の生命の99%が死滅した。生命は溶岩に生息するバクテリアや特殊なウイルスだけになった。それから約5億年後、新生カンブリア紀と呼ばれる時代を迎える。地球は、もう一度進化をやり直す。それから更に5億年のち人類は再び誕生する。

もう一度、滅べ、
と四月一日四季は消える世界の夢をみる。

blog_5 - 32

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す