2513

2513年0月0日
3:47:58 AM

第三次、第四次世界大戦で総人口の10%6億人が死んだ。
皮肉にも、人口が減ったおかげで300年ぶりに世界は食糧難から脱した。
しかし、すぐに人口は増加しあっという間に100億人を越え
人間はまた食糧難問題を抱え、更に就職難、治安は悪化し、生活は劣化した。

それから、300年後の今日。全ては解決した。世界は月日をなくした。効率化を最適化したどり着いた結論は人間はブレインドライブというAIによって社会適応力を計られ効率の良い適応力の高い仕事につかされた。タイムカウントだけの世界だ。人間は自分の意志で仕事を選ぶことは出来なくなった。総人口100億人を越えた世界はブレインドライブの最適化能力に頼らなければ生きていくことは出来なくなった。

一日の活動の全てはブレインドライブがコントロールする。そしてそれをタイマーが厳重に管理する。タイマーは簡単にいうと二足歩行する自律型移動マシンで、犯罪や事件などに関する脳波を事前に探知し索敵、破壊、排除する、初めてブレインドライブを搭載した今世紀最大の発明といわれたガジェットだ。ブレインドライブのセンサーは犬でさえ感知出来ない周波数域まで感知、マイナス5000dbの絶対音域まで波形解析可能な光速の感度を誇るレーダーのようなものだ。(陽子と中性子で繋ぐ新アーキテクチャで作られた光半導体は直径1nanoミリメートルの球体オブジェに四次元ゾイド曲線に従って12次元に展開させ時空間配置される。無限の組み合わせにより常に変化しつづけ理論上は永久に動くことが出来る。)深刻な経済悪化により第三次世界恐慌に陥り治安が悪化の一途をたどっていた世界各国の警察は教育に高額な費用のかかる警察官制度を廃止、浮いた費用で一斉にタイマーを導入した。当然リストラされた警察官の反発は大きく世論も不安を訴えたが、一カ月後、犯罪件数が半数になったとニューヨーク市長が発表すると、導入した各国それぞれでも犯罪件数の半数近くが減少していると発表した。結果、タイマー反対派だった世論も効果を認めざるなかった。世界から警察が消えた。犯罪も消えた。タイマーは世紀の大発明とされ自動制御で進化し続けた。しかし、タイマーは一つだけ問題を抱えていた。それはヒトより進化したAIをもつがための副作用、個体差による進化の多様化だった。それが何を意味するのかをヒトは誰もわからなかった。タイマー開発の基礎理論を作った四月一日四季以外は。四月一日四季、当時7歳だった彼だけは知っていた。世界は優しくなんかないと。

さあ、どうする? 君たちが僕に優しくしないから、こんなことになるんだよ。
滅べ。そう声に出して呟いて130階のベランダから飛び降りた。

blog_5 - 31

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す