シューベルトと殺し屋。

Nov 25 2005 02:44:50

さっきから君のお尻で
ゆらゆら揺れてる それは何?
何か 揺れてる?
揺れてるよ。
時間の流れる方向に?
うん 甘く切なく。
時間の帯みたいなもの?
そうだね。
その時間の帯みたいなものから枝が出ているよ。
シューベルトみたいに?
(3分前。
フルートの音色って朝な気分がするんだけど
これは僕だけの感性かな?
朝はフルーツがいいな、僕は。
ああ、わかるよ。
僕も時々ドリカムが聴きたくなるから。
本当に?
嘘。
良かった。本当だったら
きっと、きみを殺してた。
プラネタラウム。
水族館。
砂浜。
砂浜っていまは寒い?
寒い。
僕って質問しすぎる?
殺し屋がこっちをにらんでる。
あれは殺し屋じゃないよ。
じゃあ なに?
音楽家。
銃を持っているよ。
あれはメトロノーム。
ナイフを持っているよ。
あれはタクト。
音楽家は人を殺す?
誰だって人を殺すよ。
どうして?
世界のはて を見つけたいから。
きみも誰か殺す?
今きみを殺そうか?
僕は誰か殺す?
きみは覚えてないの?
あの蜘蛛はきみだよ。
小さな女の子を食い散らかしたろう?
覚えてない。
覚えてる。あれは違う。
あれは透明な階段を登っただけ。
本当に?
違うの?
シューベルトを聴こう。
昔に作られた曲を聴くと落ち着く。
いいね。
いいね、シューベルト。

blog_5 - 29

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す