線になる男。

Nov 10 2006 15:30:56
 
さっきから僕は線になって
普通なら誰も入ることのできない
狭さの中にいる。
その狭さは時間も空虚も空白だ。
(彼はなにを言っているの?)
(しっ! 彼は真実を語ろうとしているんだから)
空虚で細くて
でも信じて
ゆるやかな欠乏症にかかってしまったようですね。
きっと彼は細い線になりますよ。
よい線です。
先生、空白でもメールがうけとれますか?

空白には手紙さえ届きません。
では、どうやって彼と話すのですか?
(何代目かの夢の島から空虚の風がふいてくる。)
言葉は狭さの中で
とくに稀薄になる。
目には見えないし、すべてが忘却ですから
誰もそこにはいません。
灯りがもれてくるのは一本の線の反射です。

blog_3 - 29

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す