ミクニのこと。2

Nov 30 2005 20:42:24

その水晶には海の向こうが映っているらしい。
ミクニの海って どんなの?
海だけが広がってる。
どこまで行っても海で
島も国もないよ。
海だけ。
海の上には冷たくて悲しい気持ちのする風が吹いていて
そのいたるところ  あらゆる   海の上で 
ミクニ の失くした目が 
涙を流している。

想像して。 

ミクニの白目は 水晶のように 光を跳ね返す。
瞳は何千年も闇しかなかった洞窟のように
真っ黒で光はすべて吸収してしまう。

海の上で ミクニの目が涙を流している。
ミクニの涙が幻影を裂くナイフみたいに海を切り裂き

世界を旅する君を
どこへでも運ぶんだ。
    残酷で素敵でエレガントに。

blog_2 - 273

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す