ミクニのこと。

Nov 29 2005 09:10:04

部屋の天井にある大きな風車から伸びる
透明なキャタピラーは
ミクニの目の奥にある歯車と繋がって
ギリギリと音をたてている。
キャタピラーは透明だし 長いので 時々緩んではずれてしまう。
そういうときは ミクニ自ら 目を外して
歯車を調整して キャタピラーをはめ直す。
ミクニが目を外している間は ミクニは盲目になるから
代わりに羊の頭が見ている。
羊の頭はクビから伸びるケーブルで
ミクニの手に繋がっている。
その間ミクニは手で見ている。
(手で見ているの?
(シッ! 静かに。
(ミクニに気づかれてしまうよ。
ミクニの目の奥には
青い水晶があって
(青い水晶なんてあるの?
(シッ! 黙って。
その水晶には海の向こうが映っているらしい。
ミクニの海って どんなの?
海だけが広がってる。
どこまで行っても海で
島も国もないよ。
海だけ。
じゃあ水晶に映る海の向こうって やっぱり海?
それがね、違うんだって。
何が見えるの?
知りたい?
とても知りたい。
(ミクニの指は白くて細くて長い。
ミクニはその指に羊の歯で作った指輪をはめていて 
毎晩寝る前にその歯を磨く。愛しい羊。)
ミクニの夢を見すぎてはいけないよ。
ミクニの夢は長すぎるから 
目覚ましを忘れてはいけないよ。
ミクニが夢だと忘れてはいけないよ。
ミクニは夢。
みくにはゆめ。
ミクニはゆめ。
ゆめ。

blog_2 - 272

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す