さよなら。

月の欠けかたが気に入らない夜に
あなたの思惑にのって
この国の夜を変えてみたけれど(本当に)
あなたはこんなことを願っているのかしら。
私はあなたの考えが見えない。
たとえ月の反対側にもうひとつの楽園があるとしても
ここからでは届かない。
私はただ、あなたの目によく似た赤い月を
見たかっただけ。
もう一度あなたの目を見たかっただけ。
私が闇になって
唯一理解してくれたのはあなた。
だから、そのことにとても感謝している。
けれど、それ以上にあなたのことを愛しているのよ。
あなたになら何もかもあげる。
この世界の果ても。
この世の全てをあげる。
そして、私が死んだらあなたは
この世界を好き勝手にすればいいわ。
パスワードは0401。
もう一度振り返ったあなたの瞳は
大きく赤く私の心に浸透して
私はあなたと月の区別が出来なくなるのよ。
私があなたであなたが私で
この世界は全て私のもの。
この世界は全てあなたのもの。

blog_2 - 223

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す