ほんの少し前、もう追いつけない過去。たった46秒前。

暗い空、寂しい雲
寂しい日に寂しいうたを聴きながら
寂しさに沈んで
今日は寂しいねと呟いた
寂しさが僕を僕に閉じ込める
閉じ込められた僕はさらに寂しくなって
もう誰にも見えなくなって
寂しいと呟いた自分と一緒に消えて
寂しいと感じないくらい
透明になって
いつかここにいた自分を
誰かが愛おしく思い出す日が来るまで
深く深く沈んでいようと思った
寂しいと呟いた46秒前が遠くに感じる
あれはまだ僕がここにいた頃のはなし

 

blog_2 - 125

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す