心罪/夢現 31

/「僕の死という現実を受け入れたまえ。」

僕の死という現実を受け入れたまえ。
僕の死という現実はあるか?
(ある)
君よ、僕の死という現実を受け入れたまえ。

(僕は僕以外、誰にも必要とされていない。)

僕はずっと探してきた。
僕を必要とする誰かをずっと探して、
そんなくだらない理由で生きてきたんだ。

僕の死という現実を受け入れたまえ。
akiramete ukeirerutoii
sonohou ga raku ni naru.
aishiteiruyo kimi.

僕の死という現実を受け入れたまえ。

 blog_2 - 058

投稿者:

暁、闇。 akatsukiyami

アンビエントサウンド、ヘヴィメタル、エレクトロニカ、ノイズなどに教会音楽などを組み合わせて作られる彼独特のサウンドは、ダークで重いマシンビート、繊細で妖艶な旋律、攻撃的なノイズで狂気と安寧、相反する二面性を表現する。オルタナティブ、ヘヴィメタル、ゴシック、インダストリアル、テクノ、エレクトロニカ、クラシック、様々な様式で構築されるコラージュスタイルのサウンドは、彼が考える架空の世界や架空の国の物語からインスパイアされた世界観からイメージされるコンセプトで作られる。彼にとって楽曲を作ることはその世界観から生まれる物語を表現すること。箱庭遊びのように。

コメントを残す