宮廷図書館アッシュールバニパル。

図書館にいるといつも落ち着かないのは何故だろう。
広大な空間に自分以外誰もいないからだろうか。
けれど私はいつも此処にいるし、ここから見上げる星空も好きだ。
孤独な心を満たしてくれるのは知識しか無い。
私にとって知識とは麻薬であり、
簡単に今を忘れさせてくれる阿片に似ている。
新しい知識を得れば満足するが、すぐにまた欲しくなる。
そして新しい知識は私を賢くし、同時に悲しくもする。
知れば知る程この世界は狭くなり私の居場所を限定する。
悲しいが知ると云うことは必ずしも自分の願った結果ではない。
寂しさを埋めるために知識を増やそうとした結果絶望する真実を私は知っている。
私自身が絶望であり、私自身が世界であり、私自身が知識である。

この城の宮廷図書館にはテーブルと椅子は一対しか無い。
それはここが女王である、私一人のために作られている図書館だからだ。

入り口の重厚なドアに刻まれている精巧なレリーフには知恵の実が刻まれていて
そのドアを押せば、見えてくるのは、一つの街を丸ごと飲み込んでしまう程の広大な空間。
見上げれば遥か遠くにある天井は厚さ1000mmのサファイアクリスタルガラスが覆う天窓になっていて、
見たければいつでも空を見ることが出来る。
館内には見渡す限り同じ形の本棚が等間隔で並び、その本棚の群れは巨大な迷路を形成している。
此処に収集されている世界中の図書、視聴覚資料、録音資料は
紀元前7世紀まで遡りそこから現在までのあらゆる情報が保管されている。

私だけのための世界一大きな図書館である。

星が綺麗に見えるのは冬の特権だな。
よどみが無くはっきり見える。
誰かがどこかで私の夢を見ているな。
この闇が続く遠い何処かで私に誰かが殺されている。
残忍だろうか、恐怖するだろうか、
悲鳴を上げて逃げ惑い、私にすがって命乞いするだろうか。
切り刻んでやろうか。
それとも毒で逝かせてやろうか。
死にたいのだろう。
どんな死でも死は死だ。
痛みを恐れるな。
死ねば消える。
だから私の願い通りに残忍なやり方でお前を殺させてくれ。
いいだろう?
今日は何人死人が出るか、楽しみだ。

なあ、ジンロウ。

公式ブログ用フォト - 1 / 1 (5)

氷点下の理由。

私は本が好きだ。
本を読んでいる時間だけは、私が自分が誰であるかということを忘れさせてくれる。
私は自分を好きでいたことが一度も無いから。
特別に女王であることが嫌なのではなく、
例えば私が世界の果てではなく、世界の中心に住む普通の人たちの中の誰かだったとしても
やはり私は自分のことを好きにはなれないだろう。
私はなんのために生きるのか。
生きると云うことはその先に必ず死があるということ。
人は誰でも例外無く必ず一度死ぬ。
死は無だ。死後の世界なんて無いし、輪廻転生して生まれ変わることもない。
一度生まれ、一度死ぬ。そして、無。何も無い。
生命はその繰り返しだ。
下等生物や植物なら、生きるために理由が必要だなどということはないだろうが。私は違う。
私には理由が必要だ。
生きると云うことは命の奪い合いだ。
人間なら誰でも幸せを願う。
幸せな状況とは他人よりも自分が幸せであるということを意味する。
だから幸せと云う状況の判断は比較対象を必要とする。

幸せになるために人間は戦争や競争に勝たなければならない。
戦争という行為が有史以前から一秒もやんだことがないのは足りないものを得るため。
足りないものを得て満足するため、満足している状態を幸せという。
他人より幸せになるためには他人より多くのものが必要になる。
大げさに云えばこれはもう容赦のない、
殺し合いだ。
だからこそ、生きると云うことは戦争なのだ。
そしてこれは世界で最もたちの悪い類いの戦争なのだ。
この戦争は一度きりではなく何度も何度も、死ぬまでずっと戦い続けなければならない。
しかも死ぬまでずっと勝ち続けなければならない。
毎日続く戦争だ。
たった一度さえも負けることは赦されない。
負けることとはつまり、死。
だから結局のところ人間は全員が必ず最後に負けるのだ。
私が考える生きると云うことは戦争であり、
常に勝たなければ死んでしまう。
そして残酷なことにこの闘いはどんな人間であっても
いつか必ず負けることになっている。
負けることが赦されない戦争、けれど絶対にいつか負けることが決まっている。
それが生きるということなのだ。
それが私の世界。
大嫌いな世界。

私が生きることに理由を求めるのは勝ち続けなければいけない戦争の毎日に疲れてしまって
それでも戦い続けていかなかればいけないと云うのなら、その苦労に見合った正当な対価の見返りを求めたいと思っているから。
今はまだみつけられていないけれど
もしいつか、その見返りが見つかったら、それが私の生きるための理由になる。

もういい、か、この話は。
考えることに疲れた。
本当に私は生きることに不向きなのだな。
だから私は自分を忘れるためにいつでも本を読む。
とりわけ、生きる理由が死ぬための私にはお似合いなのだろう。
早く死にたいよ、永遠。
お前のところへ、私は早く行きたい。

天は闇に覆われて
肌をすり抜ける風は冷凍庫のように冷たく
時間だけが規則的に過ぎていく。
時間が過ぎるのをただひたすらに待っている。
物語はゆっくりと結末を編み始めた。
もう終わりも近い。
空が黒いな。
私の中のようだ。

おやすみ、永遠。
私はお前がいなくてとても寂しいよ。
夢で逢おう。

1 (3)