サカサマと命と女王闇。

サカサマの夢の話をしよう。

12月に入って三日目に今年初めての雪が降った。
降ったと言っても積もることなく
ゆっくりと降りてくる雪のひとつひとつを数えながら私は天窓に降る雪を楽しんだ。
雪は小さなパールのような大きさで色は透明で目には見えなくて、絞り立ての濃厚なミルクのように白く、殺したばかりのあなたを彩る新鮮な血液のように赤かった。

(冷凍されたあなたの赤い目はいつでも輝いている。)

私は隣に座るあなたのこめかみにピストルを押し付けてこう言った。
一から十まで数える間に私の元を去りなさい。
そうしなければ私はあなたを殺す。
何も言う必要は無いし、何も聞きたくない。
黙って此処から出て行って欲しい。
私はもう女王闇なのです。

あなたが出て行く代わりに、私はあなたの部屋に有るものは全てあなたのものとして取り扱う。
そしてあなたはそれを全て私に売る。
元々私の城であるあなたの部屋を一式、クローゼット内に有る洋服や靴、アクセサリー、腕時計、など
あなたの部屋に有るものは何で有れ例外無く全て買い取る。
あなたはもしかしたら気に入っていて持って出て行きたい何かが有るかも知れない。
でもそれは出来ない。
あなたは私がこの話を終えたら十数える間に宮殿を出て真っすぐエントランスへ向かい城を出て行く。
あなたはここから何も持っていくことは出来ない。
私は既にセキュリティクレジットネットワークにあるクイーンバンクにあなた名義のゴールドクレジット口座を開設した。
あなたはそのクレジットだけで贅沢をしながら一生生活に困ることはないし、働く必要も無い。
此処を出たらあなたは自分の命の有る限りあなたの好きなように生きていくことが出来ることを約束する。
クイーンバンクはあなたに埋め込まれている生体情報を常時観測している。
あなたが生きている限り、あなたの口座が空になることはない。
口座は使用すれば常に補充される仕組みになっている。
ただし、あなたが死亡したあと口座は登録が解除される仕組みになっている。
死人は何も必要としない。
問題ないはず。

さあ、それではこれから一から十までゆっくりと数えてあげる。
(あなたの目はどうして赤いの?)

天窓に降り堕ちる白い赤い雪を見上げていた。
私はどうしてこの世界がこの今が夢の中なのだとわかるのだろうかと考えながら雪を見ていた。

どうして?あなたはそうなの?

バン。

私があなたを殺した。
私はあなたを、

冷たい空気が天井から垂れ下がった細いピアノ線のように頬に触れる。
人は死ぬために生きている。
私はそれを幼い頃からよく知っている。

だから、私は、

この世界が本当に
大嫌い。

サカサマの夢の話なんてもう聞きたくない。
死にたい。

公式ブログ用フォト - 1 / 1 (4)

200万光年の永遠。

1APRIL 2016 00;01:22

日付けが変わると、きみは死ぬ。(月の欠け方がきみの歯並びを模倣していた。)
時計塔が燃えている。(愛は進化し欲望となる。)
耳を澄ませてみて、聞こえるでしょ。

おいで、ここへ、おいで、ここが自由、
ここが楽園、ここへおいで、はやくおいで、

(死が呼ぶの、疲れたらおいで、死が呼ぶの、宇宙に還ろう。ここへおいで。)

早く死んで、、お願いだから、死んで、

永遠、おいで。
私はお前が命の選択を自由にすることを赦すことに決めた。
お前の望みを叶えよう。

永遠、13号室の鍵を持っていきなさい。
せめて苦しまぬようにな。

これは私だけの意見ではない。
皆の総意である。

永遠、見えているか。
これだけの人数がお前を弔うために集まり悲しんでいるのだぞ。
お前はそれだけ皆に愛されていたのだ。
衛兵、現時点での参列者の人数はわかるか。

はい、現時刻で3254211209928602428人であります。

そうか、
では、
一人追加してくれるか、
私の分だ。

永遠、お前の死をこれだけの人間が悲しんでいる。
永遠、私もそちらへいずれいく。
それまでお前に寂しい想いをさせることを赦せ。
永遠、宇宙はな、宇宙全体で一つの生命体と考えることも出来ると私は思う。
すべてがひとつに、ひとつが、すべてに、

親愛なる姉様へ
_______________________________

悲しいって、なんですか? 
僕には悲しいという概念が理解出来ない。
教わったことは覚えている。
悲しみとは対象を失うことで感情に負荷が掛かり元気をやモチベーションが減少し、身体的にも倦怠感、涙が出るなどと言った現象を引き起こす。悲しみの強度は、浅い、深い、で表現される。悲しみの強度は対象への依存度で変わる。
だから何?
どうして悲しいって辛いの?
そんな辛い仕掛けが心に必要なの?
ね、神様、教えて
いつもなにもいわないあなたはいつもそうだ
僕らがどんなに願ってもあなたは一度だって返事さえしてくれやしなかった。
しってるんだよほんとはね、
うまれたころからね、
ひとはひとりきりなんだ
かみさまもいるなんておもってなかった
ただ
本当にいたらぼくもきみもお前も,ミクニも姉様も、、あ、さよなら忘れてた、

それとおまけで世界の中心に生きるすべての人間全部足してやる、
神様が本当にいるならみんなが幸せになれたかなって想像しただけだ。
かみさまなんていない
この世界は宇宙のほんの一部だ。
人間の存在強度は宇宙全体からすれば針より細い。
宇宙は今も広がり続けている。
僕らが世界と呼ぶこの地球と云う惑星はね。
全宇宙の中に最低でも1700億個以上有る銀河団の一つ。割と小さな銀河でね。
天の川銀河ってきいたことあるでしょ。
この銀河にはさあ2000億以上の恒星があるんだよ。
恒星って知らない? 僕は学校に行ってないから姉様に教えてもらったんだけど
恒星って太陽のことだよ。
太陽だけでもめちゃくちゃ大きいのにそれが2000億以上もあるんだよ。
太陽を中心とする系が所謂、太陽系。
その中の惑星のひとつが地球。
ここだよ。
あなたたちが世界と呼ぶ、青くて綺麗な惑星の名前だ。
此処まで話してやっと地球まで来れた。
本当に宇宙って想像以上に大きいね。
宇宙が生まれて130億年、
人間が生まれて3万年、
西暦はまだたった2016年、
人間の命って平均で80とか90歳とか、そんなくらいだよね。
でも、事故とか病気で死亡すると、1歳とか、10歳とか、よく有る話でしょ。
生命として人間一人が生きる時間なんて全宇宙の規模を考えたら
何ひとつの影響を与えることも出来ない。
そして、命は一度きりだ。
生命は必ず一度死ぬ。
死んだらどうなると思う?
四次元空間から三次元空間へ移るんだよ。
わかりやすく言うとね、時間が止まるってこと。
脳細胞の中で強力に結び繋がれていた陽子と電子の運動が止まる、
意識が解散していき自我は消えて、そこで時が止まるんだ。
それが人間の死の本質だよ。

ごめん、話が長くなっちゃって、
姉様、僕が姉様に最後に伝えたいのは生命は死を得たとき、
初めて全員が平等になるということです。
全員が無になるからです。
そしてこれはおまけなのですが
誰でも一度くらいは考えたことが有ると思うけど
決してこの世界では絶対に実現しないこと、
平和、無は平和と同じです。

姉様、宇宙の話とても楽しかったです。
14歳って宇宙の年齢と比べたら、何百倍拡大しても見えてこない凄い細い線。
100歳まで生きても、同じだよ。
宇宙はスケールが大きい。
僕はこの宇宙に一欠片の影響も与えることは出来ないと知りました。
だから、ここでおわかれしたいと思います。
姉様、今までずっと有り難うございました。
姉様が大好きです。
姉様、お体に気をつけてください。
姉様、ごめんなさい。
お別れです。
姉様、これが悲しみですか。
きっとこれが悲しみなのですね。
やっと僕、人間らしくなれた。
姉様、悲しみって本当に涙が出るんですね。
胸が苦しいです。
とても辛いです。
こんなに痛いなんて、人間は凄いですね。
姉様、いきます。
いってきます。
姉様、さようなら、愛しています。

永遠
2016年4月1日

1 (2)