死ぬために僕がしたこと。ver.8

21, Jul, 2225, 23:47:29

皆が僕に理由を聞く。
その度に僕は削れていく。
よく手入れされたサバイバルナイフが白い肌を1μm単位で手際よく削ぎ落としていくように言葉が僕を削いでいく。
僕のからだからは偽りと記憶が順序よく削ぎ落とされて、
異教の生け贄に捧げられる牡羊みたいに皮を削がれ拷問の痛みに声を押し殺して呻いている。
なくしていくのはいつも大事なものなんだ。

いつかきみと行った東京タワーから見たレインボーブリッジを走っていく車の群れ、
夕暮れから夜の姿に変貌していく街のメタモルフォーゼ、
遠くを見つめるきみの横顔、
黒いシルエットに映る、何かをつかもうとして思いっきり手を伸ばした僕の指先、
夜のスクリーンにパノラマで映し出された何処までも続く東京の輝き、
下から見上げた東京タワーの支柱の大きな広がりと少し肌寒い3月の空気、
入り口の外れに有る喫煙所で二人タバコを吸いながら話した、もう忘れてしまった会話、
帰り道バスの中で手をつないで隣に座っている、いつものきみの香り、
永遠に限りなく近い一瞬の連なりのすべてが際限なく無情にも削ぎ落とされていく。

僕はいつか、何もかもを忘れてしまう。
僕はそれを知っている。
いつか何もかもなくなってしまう。
なくなってしまうからとても大切にしてきたのに、
ある日突然、2月の冷たい朝の目覚めのように一切の容赦なく、みんな消えてなくなってしまう。

僕は16歳と3か月、死ぬには早すぎるし、生きると云うにはまだ未熟すぎた。
ハロペリドール124錠とフェノバルビタール100錠、それとブロバリンを50g用意して、
金で作られたケースに入れられてリビングに飾られていた父親のブランデーを一瓶丸ごと盗んで来て、
用意したクスリをブランデーと一緒に少しずつ胃袋に流し込んだ。
ブランデーは味も香も最悪だった。
クスリとブランデーを全部飲み干してから何分経ったのだろう。
アルコールの甘い匂いはいつまで経っても消えなかった。
激しい吐き気を我慢しながら少しずつ意識が飛ぶのがわかるようになってくると意識と無意識が境目を右往左往していた。
それが何分か続いたあと、何もかも失くした様な顔で僕は眠りについた。

それから2日後、僕はコクーンと呼ばれる恒温フォームシーと呼ばれるバイオジェルシェルターの中で目覚めた。
それが二度目の失敗だった。

blog_5 - 183

死ぬために僕がしたこと。ver.7

4, Apr, 2223, 12:52:11

去年母さんは僕に、新しい年になったらきっと良いことが起きるわ、と言った。
環境の変化が起きて心も成長して、前みたいにふさぎ込む様なことなんてなくなっちゃうわよ。
興味が有ることにはどんどん挑戦しなさい。
あなたはとてもあたまがいいんだもの、もっと自信を持って生きなさい。

僕はそれを聞きながら思わず笑い出したので
母さんも一緒になって笑っていた。
食事の後テーブルの脇で立ったまま、二人して全然違うことを理由に笑った。
母さんは僕のいない世界で僕からとても離れたところにいる。
それは今も変わっていない。

まあでもよかった。
僕にとって母さんはとても可哀想な人だから。
自分より先に子供が死んでしまう僕の可哀想な母さん。

16歳になったら死のうと思っていた。
理由なんて無かった。
だけど生きていく理由も無かった。
多分それが死にたい理由。

僕は毎日死ぬ方法をアカシックレコードで探した。
200年前には自殺する方法なんて沢山有った。
死亡率も病気で死ぬ人より圧倒的に多くて、年間に2万人も自殺者がいた。
病気や年老いて死ぬより自ら死を選ぶ人が多いなんて人間て本当におかしいの。
でもわかるよ。
辛い、苦しい、悲しい、惨めで醜い、救いようが無い。
死にたいよね。
どうせいつか死ぬんだから我慢する必要なんて無いよね。
シネ、死ね,シネ、死ね,死ね。
みんないつか死んじゃうんだから死にたい人は死んだらいいよ。

僕はそう思うな。
平均的に幸せな暮らしをしていて
何も悲しいことや辛いことが無い僕が死にたいって思うんだから、みんな死んじゃえばいいよ。
方法?
何が良い?
なんでも教えて上げるよ。
どんな風に死にたい?
誰にも迷惑をかけない方法がいいのかな?
それとも希望が有るとか?
いってよ。
遠慮しなくて良いよ。
何が知りたいの?

え?死にたいけど生きたい?
なにいってるの?
冗談でしょ?
え?
辛い?
なにが?

ねえ生きてて何が面白いの。

死にたくなる空、
青くて、青すぎて辛くなる。
その青さが僕に不可能を押し付ける。
もうやめて、もうやめて、もう、やめて。
もう、やめてよ。
もういいよ。
もうなにもいい。
太陽の灼熱の残酷さだけが本当の痛みの理由を知っていた。
だから僕は、真夏で外で灼熱に溶かされながら
あたまの上にある遠い太陽を見上げて叫んだんだ。
(2015 年 7 月 22 日午前 11 時 48 分、気温 36°C)

こんなせかい、もう、いやだ

blog_5 - 182

死ぬために僕がしたこと。ver.6

2, Jun, 2015 06:56:04

生きている事が正しくて、自ら死を選ぶ事はとても悪い事だと決めたのは誰。
生と死は対等。
死んだら誰かが悲しむから、死ぬのはダメなの、
生きてたら僕が悲しむんだよ、それわかってるの。
僕の命は僕のものだよ。
誰にも奪えない。
リリィシュシュのすべて、
観ながら
僕は朝からこんな事書いてる。
バカみたい。
どうでもいいこと。
生きてるから生きてるだけ。
死んだら死ぬだけ。
僕はこの世界が本当に大嫌いだからね、
だって、僕の思い通りにきみたちが動いてくれないからさ。
つまんないんだよ。
全然楽しくない。
早く用事を済ませて
しまおう。
ジョゼと虎と魚たち、
観ながら、
悲しい気持ちになって
リリィシュシュのすべて、
観たあと、
冷たい気持ちになって
落下する夕方、
観て
死に方を考えてる。
今は生きてるけど
それも
夢。

blog_5 - 181

死ぬために僕がしたこと。ver.5

2, Jun, 2221, 02:42:08

僕は14歳で初恋をした。
何か月付き合ったっけ。最期は酷い終わり方だった。
別れた次の日、彼女は手首を切って自殺した。
それが僕の最初で最後の恋愛。
葬式には行かなかった。

不意に思い出したきみとの別離を
円筒形のホログラフィックで目の前に浮かべて瞼を2回素早く閉じると、
ホログラフィックの表面を6480時間分の記憶イメージときみの声が一瞬で全てを埋め尽くしていった。
そしてそれは徐々に円筒形ではなくなりDNAの様なスパイラルを描いて
連なり重なってレイヤードされて独自のネットワークを築きあげると
全ての記憶イメージと全てのきみの声を3ナノセコンドでひとつのAIに収束させた。
AIは記憶イメージの連続的な連なりからきみを解析すると
スパイラル状のホログラフィックを解体し、きみの姿を再構成した。(2, Jun, 2213, 02:42:12)
きみの姿をまとったAIはきみの記憶イメージから作られた。
つまり、ホログラフィックのきみの思考はきみを限りなく精密に模倣する。
だから、このとき、きみが僕に言った言葉は全部きみの言葉、

「どうして、別れたの? どうして。
ここは全部真っ白で何も見えないんだよ。
きみは何時来てくれるの?
私もう少し生きていたかったよ。
でも、辛かったの。
私きみのことが大好きだったんだよ。
きみは私のこと好きじゃなかった?
どうして付き合ったの?
きみが犯した罪の殆どは私が許してあげる。
でも、あの日のことだけは絶対に許さないよ。
私の手を離したあの日のこと。
あれだけは絶対に許さない。
許さないから。
早くおいで。

罰をあげるから。

(わたしあなたのことほんとうはだいっきらいだったんだよどうしてきづいてくれなかったのもしもあなたがわたしのほんとうのきもちにきづいていたらきっとわたししんだりしなかったのにあなたってぜんぜんわたしのことわかってなかったんだよわたしがきみのことあいしてるっていったからそれをしんじていたんでしょあいしてるなんてわたしへいきでうそでいえるんだよだからわたししんだことほんとうにこうかいしてるあなたさえいなかったらわたししぬことなんてしなかったよあなたってあいしてるっていったらかんたんにしんじるんだもんわたしばかみたいじゃないあいしてるなんてなんかいもいったけどぜんぶうそなんだからねしんじられないよほんとうにもうあいしてるってなんかいもセックスしたけどわたしあなたのことはじめからだいきらいだったわたしばかだからときどきおかしなことするんだよそれはわたしがわるいことだけどあなただってあいしてるってことばをかんたんにしんじるなんてどうかしてるとおもうよでもごかいしないでねわたしだれにでもあいしてるってうそつくわけじゃないのわたしがあいしてるっていったらそれはほんとうにあいしてるからなのあなただけなのあなたにだけうそついたのだってあなたあいしてるっていってほしいきもちがみえみえなんだもんなんかわたしそれであなたがかわいそうになってあいしてるってうそついたんだよけっきょくあなたがあいをもとめすぎたからわたしがしぬことになったんだからねほんとうにわたしあなたなんてだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいあいしてるなんてぜんぶうそあなたなんてだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらいだいきらい)

そのあと僕はアカシックレコードで「ジョゼと虎と魚たち」を観た。

blog_5 - 180

死ぬために僕がしたこと。ver.4

1, Apr, 2202, 09:21:23

公園に二つの滑り台が並んでいる。
一つは幼児用の小さな滑り台。
もう一つは子供用だが高さが5メートルはあるスリリングな滑り台。
何時も幼児用の滑り台で遊んでいた僕は、
その日何故か大きな滑り台が気になって仕方なかった。そのときの僕は3歳でまだ小さな幼児だった。
僕は何時もは見上げるだけだった滑り台の階段をゆっくりと登り、最上段に着くと周りの景色を見た。高い滑り台から見下ろす風景はとても悲しい色をしていた。下を見るとその高さに怯えて震える。
僕は滑り台の最上段で考えていた。
僕はどうしてこんなに怖いのに高い滑り台の上にいるんだろう。
僕はどうしても高い滑り台で遊んでみたかったわけじゃない。
じゃあ、どうしてここに来たの。
(僕の初めての、)

僕は最上段の手すりから両手を離す。
さよなら、せかい。
僕は最上段から飛び降りた。

意識が戻ると激しい痛みで泣き出した。
僕は血まみれで泣き喚いているところを通りかかった大人に保護されて病院に運ばれた。
アゴと頭を強く打ち、全治3カ月の重症。
生命に支障はなし。
僕の初めての自殺は失敗に終わった。

治療のあいだ、母親がお見舞いの度に持ってきてくれた大好きなアイスクリームを口に入れるとアゴに激痛が走った。
冷たくてとても痛い。
それでも食べた。
母親が笑うから食べ続けた。
冷たくてとても痛いアイスクリーム。

ただいま、せかい
僕、死ねなかったよ。

blog_5 - 179