ロマンシア。

12, OCT, 2714 20:16:06

私の一生をきみにあげるって誓ったのに
私は結局守れないんだ。
私の一生なんて大したものじゃないけどね。
それでも私にとっては一回きりの人生だったんだ。
それをきみのために使おうと誓ったから
私はきみを守るために
月軌道上空に衛星まで用意して
あらゆる方角からの攻撃を防いできたんだ。
私は元々殺し屋だったし
奴らがどんな手口できみを殺りに来るかなんて全部知っていた。
私がきみを殺すとしたら、と考えるだけで
100通り以上の考えが浮かんだ。
そのほとんどは衛星レーダーによって回避できたし
稀に腕利きが来たときだけは
顔を拝みたい程度の気持ちでそいつのところに行って
一方的に殺してやった。
私は本当に最上級なんだよね。
特別。
私は特別なんだってずっと思ってた。
それでもやっぱり上には上がいるもんなんだね。
私甘かったよ。
自分が一番だと本当に思い込んでた。
自惚れてた。
凄いよ。
あんなのがいるなんて
神様ひどいよ。
私は確かに人を沢山殺してきたし
裁かれるだけの罪はあった。
だからって、その罪をこんな形で
私に送りつけるなんて本当にひどいよ。
私を殺せば良かったのに!
私は死んでも良かったんだ。
私はいいのに。
(右目がなくなっちゃたよ。)

ライフルの音が聞こえたのは着弾から10秒後。
10km狙撃なんてあり得ない!
ずるいよ神様。
あいつ私も殺れたのに何もしなかったんだ。
わざとだよ。
わざと私を生かしてあの子の死体を見せつけたんだ。

きみの右目が吹き飛ぶ瞬間、その目に映っていたのは私。
私は倒れ崩れるきみをスローモーションで見ていた。
一瞬ですべてを失った。
きみを抱きかかえながら、自分の無力さ、弱さ、相手の強さを羨んだ。
私にもその能力があればきみを救えたのにって思った。
きみが死ぬなんて思わなかった。
きみを失うなんて思ってなかった。
ありえない、ありえないありえない。
嘘だ、嘘だ、嘘だ、嘘だ。
嫌だ、嫌だよ、嫌だ。嫌だよ。嫌だよ。
嫌なんだよ。本当に嫌なんだ。

12, OCT, 2722 20:37:13

私はいつものようにきみに話しかける。
ねぇねぇきみ、白と黒どっちが好き?
赤もいいよね。
ねえきみきみい、こっち見てて。
眼帯のきみはとても綺麗な剥製だった。
何年もずっときみを見ていた。
ずっと。ずっと。ただただ見てた。
ねえきみ、今夜はスターダストが降ってくるよ。
一緒に見よう。
(ごめんね。)

世界なんて大っ嫌いだ。
私のナンバーワンを奪うなんて。
あの子以外のものだったら、なんでもあげたよ。
私の命でもね。
だけどあの子だけはあげない。
そう言ったよね。
なのにどうしてあの子なの。
どうして。神様、どうして。
どうして! 
あの子だけは嫌だって、ずっと思って
今まで頑張ってきたのに、
どうしても欲しいものだったの?
神様。
教えて。
教えてよ。
教えて。
嫌なの。
神様、いないの?
私にはあの子しかなかった。
あの子がいない世界なんて私はいらない。
壊すんだから。
それでも良かったの神様?
本当に壊すからね。
私は絶対に許さないんだから。
こんな世界無くなっちゃえばいいんだ!
こんな世界なんて
きみのいない世界なんて
きみがいないと私は
私はだめなんだ。
私はきみに出会って初めて、この世界で生きたいって思った。
きみのために生きようって思った。
なのに全部奪うんだね。
私から全部奪うつもりなんだ。
させないよ。
私が私を奪うから。
この世界を道連れにね。
衛星を全部地上に落としてやる。
みんな死ねばいい。
みんな死んじゃえ。
私からきみを奪った世界なんて滅べばいいんだ。
滅べばいい。
なくなっちゃえ。

私は
もう死んでるんだ。

悲しいだけの世界なんて
そんな辛いの嫌だってずっと思って生きてきた。
でも、きみと出会って楽しいことを見つけたんだ。
きみが私を変えてくれた。
きみは私の太陽だった。
私を照らして暖めてくれた。

せめてきみの隣で死のう。
私たち地球で最後の恋人になるんだよ。
きみはもう死んでるけどね。
それでもいい。
もう二度と会えないけど
私、きみに出逢えて本当に幸せだった。
有り難う。

さよなら、バイバイ、(目を閉じて)

ねえきみ、
私の死ぬとこちゃんと見ててね。
私は死んでもきみが好き。
私ともう一度一緒に死んでね。
死ぬの怖いんだから。

blog_5 - 095

Have you not led this quite long enough?_]

Nov 26 2012 03:47:04

深夜3時、外気温4℃。
ベランダから見える世界は
死んだように静かで
特別な夜の儀式のようだった。
曇っていた空の隙間から月明かりに浮かび現れるドア。
ドアは出口も入り口もなくただドアがあるだけ。
ドアには部屋番号があった。(666)。

唐突にドアが開いて、
今日が期限だよ、と悪魔が言う。

Have you not led this quite long enough?_]
by FAUST / Johann Wolfgang von Goethe

吐く息が白い。
空に咲く白い花、咲いた順に散っていく。
冷たい花びらが降って、手のひらで溶ける。
散る花こそ美しい。と散り際を寂しそうに見ている。

咲いてすぐに散っていくからこそ
価値がある。

花も人間も同じ、
あなたはもう充分生きましたか?

Have you not led this quite long enough?_]
by FAUST / Johann Wolfgang von Goethe

I found.
死の先に愛があるなら
私の願いは

誰もが一度は死ぬ。
例え悪魔との契約がなかったとてしも
私は一度死に
私の可能性は全て失われる。
私と話す、
私と、、、、、、

この身体がこの世界から
無くなると言うことは
私に関連する全ての項目が失われるということ。
だけど、これ、
ただ、私がどこにも居ないと云うだけのこと。
静的でただ見えないだけと同じ。

咲き誇れ。
空に咲く白い花。

刹那と散っていくとしても
その光を誰かがどこかで見ている。
感じている。

私が私であるために
私は私を殺さなければいけない。

私が生きている限り
私は私の生きる目的を見つけられない。

You find love in the end of me.
[This is my answer.]

________________

Everybody finds love in the end.
桜流し/ Utada Hikaru

________________

契約を果たします。

blog_5 - 094

憂鬱の調律。

Dec 23 2017 19:13-03

悲しみで傷ついたきみを
4回目のクリスマス・イルミネーションが鮮やかに飾る頃
忘れてたはずの心の中に本当の愛が宿る。

(愛してる)
ライオンの像の前でふいに夏の匂いがして
後ろから名前を呼ばれる。

(待った?)

涙が零れた。
手を伸ばした。
消えた。

(愛してるよ、ずっと)

愛してる、
私も

小さく呟いてきみは歩き出す。

きみのかわりに
これからは
僕が沢山泣いてあげるから
きみはもう泣かない
ずっと
そうしてあげるから
今までごめん。
でも、本当に
有難う。

愛してる。
ずっと。

blog_5 - 093

愛の賛歌。

Nov 21 2012 05:43:04

-3℃

空から
ゆっくり落ちてくる
雪のひとひらを見ていた。
寒くて冷たくて
悲しくて寂しくて
まるで世界から
たった一人追放された
罪人のような
最悪の気持ちがした。

(嘘だ)

本当はとても幸せだった。
(やっと見つけた)

白い花びらのように
落ちてくる雪を見ていた。

罪は罰と相殺された。

静かな、
静かな、
誰も来ない
たった一人の
死者だけの
葬儀が行われた。

それは特別な
とても特別な儀式で。
この世で最も苦しい方法で
執行された
死刑囚のための
葬儀だった。

7時13分。

瞼に雪が落ちてきて
涙のように頬をつたって零れた。

●●● ●● 2●●● ●●:●●:●●

嬉しくて
本当に嬉しくて
本当に
悲しかった。

You find love in the end of me.

愛してる。
ずっと。

blog_5 - 092

遭難。

Nov 19 2012 01:19:03

気がついたら海の上にいた。
何処を向いても水平線が続く広い海の上。
何処へ向かっても
何も見えない気がした。
それだけ広い海。
際限なく続くただそこに居るだけの時間だけが過ぎた。

少しだけ遠くをみたかっただけ。
此処ではない知らない何処かで
何かを見つけたかっただけ。

海は(カラー番号はC412013番)悲しいほど青くて
入り口も出口も無かった。

何処へ向かっても
何処へも向かうことの出来ない此処はもう
何処でもない。
世界の何処かでさえない。
時間だけ残して
全て消えた。

海水は
涙と同じ味がした。

失う。
何も得られない。
消えていく。
宇宙の塵。

広大な海、世界でさえない孤独という名の海。
忘れてしまったものを
取りに来ただけのつもりが
何も得ることなく
元の場所へ戻ることも出来ない。

生きる時間と必要なものは全部揃ってる。
(カモメが時々太陽を横切る。)
死ぬ理由もなかったけれど、生きるに値するだけの明確な理由が
ゲシュタルト崩壊のように脆く意味をなくし消えた。

時計の針は進むことをやめない。
考えるだけの時間は
無限にあるのに
何も思い浮かばない。

2時13分。

ミクニの海は残酷なほど悲しい。
夜の海ならなおさらだ。
暗くて、ああ、とても暗くて
静かで
僕は太陽を待って
ただ待ち続けて
それだけ。

これからどうしようか?

何も思い浮かばないよ。
多分、僕はもう何処にも帰れない。

Nov 19 2012 02:24:28

珍しいな、今とても眠い。
もう寝るよ。

おやすみ。

blog_5 - 091

2412

Oct 28 2012 03:11:13

白衣を羽織りながら暗い廊下を3人の男が歩いていた。
先頭の責任者なのだと思われる男が言う。

彼の前頭葉のエントロピーが急激に減ったって?※1
※1エントロピーは、大まかに「何をすることができて、何をすることができないかという可能性を、その大小で表すような量」であると言える。

はい、電位測定で確認されています。
原因は現在調査中。

このまま減少すると仮定した場合?

ゼロです。影響ははかり知れません。
エントロピーゼロの状態を人類は今まで経験したことがないので。

急に僕の中に無数の可能性がどんどん溢れてきた。
あらゆる可能性。
大きな成功や沢山のお金、フェラーリ、権力、全部あった。
溢れてくるイメージはこの世界の欲望を全て象徴する。
それらが全部。綺麗にパッケージングされて
空にされた伊勢丹全館に隙間なく置かれていた。
僕は「選ぶもの」だった。

Oct 28 2012 04:04.13

空を見たよ。くらい空。
白く霞がかっていた。
細い雨が降ってた。
リムジンから降りてくる背の高い男を狙撃した。(即死)
それから、同じように要人らしい人間を殺した。
要件は片付けた。

僕を起こした博士は
このなかから何でも好きなものを選んでいいよ、と言った。

僕は、きみの演奏しているCDを見つけて
博士、このCD全集でひとつじゃだめ? と聞いた。
いいよ、関係ないから、好きなものを選びなさい。と博士は微笑んだ。

僕はまたベッドに戻って眠りについた。
次に目覚めるのは2412年か。
きみはもう居ない。

さよなら、最後の恋人。
もう一度会いたかったな。

blog_5 - 090

死の機械

Oct 26 2012 03:13:49

さっき外で玄関の壁にもたれて煙草を吸っていたら
死んだ虫の死骸を見て、死なんて全部終わっちゃえば一緒なんだと思った。
それで、自分でもどうしてそんなことをしたのかわからないんだけど
死んだ虫の死骸を庭に埋めてあげて花がなかったから
部屋にあるプラスチックの薔薇をとってきてそこに差した。
(虫の死骸のことはすぐに忘れた。)

真っ黒な夜で
3時47分で
さっきと同じで壁にもたれて煙草を吸うだけ。
吸い終わっても続けて吸い続けるから一時間で灰皿が一杯になる。
その灰皿を見てたら、理由はかわからないけど
このまま生きてたらダメ、死ぬなら今しかないって感じて
すぐに死ぬって決めた。
綺麗に死にたいって決めていたから
すぐにバスルームのスイッチを入れて、お湯が沸く間
着る洋服やアクセサリー、ブーツ、あと香水、それを選んだ。
シャンプーを流しながら思ったのは、死に方だ。だけど、それを考えるのはあとにした。
着替えたり髪の毛を整えてから考えればいいと思った。
部屋に戻って、ちょっと煙草が吸いたかったけど
ここはもう禁煙だと思ってやめた。(でも、本当は死ぬんだから吸っても良かった。)
濡れた髪を優しくバスタオルでゆっくり拭いてからブローした。
香水を何にしようか、少し悩んだ。でも、ずっと使い続けてる香水(ISSEY MIYAKE L’ EAU D’ ISSEY)に決めた。
手首と耳につけたあと、ベッドカバーやシーツ、クッション、部屋中のファブリックに振りかけて全部使い切った。
部屋中がその匂いで充満して、それがなぜかとても懐かしく思った。
一番好きな服を着て一番好きなアクセサリーを身につけた。
写真撮ろうかと思ったけどやめた。
それから、Macの前に戻って、「一番 綺麗  自殺」をワード検索した。
結果、現実的じゃないものばかり、もしくは既に知っているかで
何も収穫はなかった。
それで、カリウムに決めた。
間違いなく綺麗に苦しまずに死ねる。
それに準備が簡単。
塩化カリウムは薬局で買えるから持ってる。
問題は注射器の方だけど、僕は何故か持ってる。
何年も前だけど、友達の女の子がくれたんだ。
病院長の娘だったから、簡単にくれた。

塩化カリウムを静脈注射。
塩化カリウムの致死量は体重によるけど僕の場合は
1.7g
塩化カリウムは15℃の水100ccに25g溶けるから50ccの飽和水溶液を作って
静脈注射してしまえば、間違いなく死ぬ。
海外だと囚人の安楽死に使われているところもあるってさ。

僕は塩化カリウムを少しずつ計る。
8.346g
11.297g
20.877g
23.578g
25.428g

それを100ccの水と混ぜて塩化カリウムの飽和水溶液を作った。
使い捨ての注射器に50cc吸わせる。

やっと出来た。
煙草が吸いたくて注射器はそのままにして外に出た。

Oct 26 2012 05:16:12

Oct 26 2012 05:44:12

外寒かったけど、もう空は青くなってた。
今日は病院の日だし、
やっぱりやめる。

そう言えってあいつがいうんだから、仕方ないよ。
めんどくさい。

blog_5 - 089

8時28分16秒

Oct 25 2012 4:11:07

玄関に座って
3本目の煙草を吸う。
寒い。
きっと空を見上げたら
満天の星が見える。
だから、僕は空を見ない。
そんな綺麗なものなんて僕にはもう必要ないからね。
煙草だけあればいいよ。
何も考えたくないし、何も願わないように
まっさらにしなきゃ。
僕にはもう必要なものなんてない。
煙草だけ
それだけあればいい。

(煙草なくなっちゃった。取りに行こう。)

夜でなければ会えないときいて
こうして来てみれば
ああ、あなたはもう本当に自分を大切にするということをしない。
もう影の月に入ったというのに
あなたは平気で影月日を浴びるのね。
どうしても死にたいのね。

そんなに大げさに言わないでよ。
この世界には約66億人もいるんだ。たった一人いなくなったことを、
誰がどう知るというのか。
誰も気にしないよ。
知らない人の生き死になんて
気にしないし。

ねぇ、
左手見せて。

緩すぎて左手にぶら下がってるような腕時計を表に返す。
長針と短針、そして逆回りに動く秒針。

(8時28分16秒)

これは逆回りに動く時計。普通の時計とは違う。
時を計る時計ではない。
身につけた人に残された時間を計る命の時計。
だから秒針は逆回りして、長針も短針も逆回りする。

あなた、どういうつもり。

どうして、生きないの。あなたはどうして生きようとしないの。
未来に希望を見つけて
幸せに生きたいとどうして願わないの。

僕ね、色々考えたんだ。
どうすれば幸せになれるか。
全く反対なんだけどね。
考えてたら、どうして幸せになれないのかがわかったんだ。
無理だってわかった。
僕の願う幸せと僕がこれから得られるかもしれない幸せ、
比べてみたら全く質が違うんだ。
全然別物。
僕が願う幸せは、もう手の届かないところにあって
僕はそれが手に入らないなら生きる理由がなくなっちゃうんだ。
人はね色々言うよ、生きてるうちに小さな幸せでもちゃんとあるとかね。
でもね、僕はそんな小さな幸せのために
僕を裏切った世界、僕の大切なものを奪ったこの世界で生きたいなんて思わないんだよ。
きみにわかる?
目が覚めると新しい苦しみと悲しみが用意されてて、起き上がれない。
辛いからまた眠る。
こんな世界でいくつかの小さな幸せのために生きる。
全く釣り合わない。
対価に見合わないよ。
だから、僕は影月日を浴び続けるよ。
命を削るためにね。

(蜉蝣は秋になると死ぬんだ。)

The outside is cold.
But I want to feel it all the time for me as the last winter.

(8時28分12秒)

煙草、切れちゃったよ。
買ってきてくれないかな。

blog_5 - 088

絶望はきみが死ぬための理由を簡単に用意する。

Oct 16 2012 12:05:25

それは秋で、

(深夜2時、静かにゆっくりと流れ下る灼熱(溶岩)は彼の世界の頂きの一番天空に近いところ、つまり脳内、記憶の溝が深くシナプスの密集度が最大値を示すA10と呼ばれるポイントから産み出される。膨大な数の神経網は上から下へ伸び続け、複雑に交錯し絡み合い末広がりに巨大化し、自己複製ピラミッド型スーパーコンピュータになる。その性能、ベンチマークは現在のスーパーコンピュータの演算速度を三世代は上回る。一番驚くのはその脳内の活動に必要なエネルギーは全て神経網を駆け巡る光に反応して細胞内のミトコンドリアが植物の行う光合成に似たシステムでATPを熱分解し、熱量を自給自足しているということだ。それは国家さえ越える巨大なコングロマリットのように不気味に闇を形成している。そして、この巨大な化け物はひとりの脳内に数百億を越える疑似人格を持ちながら、それぞれが個体としての意識を完璧に管理する。つまり、ここに宿った疑似人格たちはどの個体も、自分が自分自身である、と完全に認識している。そして、その自意識を維持するための膨大な記憶のデータベースを持っている。一体、何故? 彼の脳に何か特別な因子があるのか。何もわかっていない。何もわからない。彼は生まれた時から一度も目覚めたことがない。脳死状態ではない。むしろ、常人より多くカロリーを消費している。脳の活性は高く、発電量も異常に高い。彼はきっと夢を見続けているのだと私は思う。夢というのは体験している間は何時間、何週間と感じたとしても、実時間では1秒ですらない。彼の中にある数百億の疑似人格それぞれが各自毎日個別の夢を見ると仮定すると脳の活性が異常に高いことも納得できる。しかし、これは確かめようがない。何か質問はありますか。(沈黙)
(中略)
特に興味深いのは、(声が裏返る。)
この数百億の疑似人格同士が同じ身体に多数の別の人格の存在をを認識しながら自己としての整合性を保っていることです。いままで観察されてきた多重人格の症例では多重人格は主人格が破綻した結果の逃避行道

(ねぇ寒いよ、窓閉めてくれない)

であると言われてきましたが、彼に関しては全く当てはまりません。彼の中の人格たちはお互いの持つ個性や嗜好を要素に因果関係を派生させながら生態系の基本、エコピラミッドを構築しています。これは重要な点です。彼の最も特異なる性質であり特長です。彼の身体はひとつの世界と言えます。弱肉強食のありふれた世界なのです。これほど変わった特性を持ちながら彼自身をひとつの全体像とするとこの世界と全く変わらない。同じルールで生きています。宇宙と全く同じルールです。そして、その世界を作る個性的な疑似人格たち。すべての人格を自身ひとつに収束しようと全人格を敵として殺し合うもの。7がどうしようもなく好きな男。夢と偽りの中で真実を求める男。世界に裏切られたという理由で世界の果てという国を作った男。恋人に捨てられ、夜しかない世界を生きる闇の女王。(省略)疑似人格の個性の要素となる因果率は無限だよ。あそこを見てごらん。数字の2がどうしようなく好きだというだけでお互いを恋人と呼ぶもの。本当に面白い、そしてくだらない。どうでもいいことだ。(ああ、もういい、この話は長すぎる。省略する。)

追記。
彼の主人格について。
■■■■■■■■■バーチャルワンダーランドの■■■■の中で■■された超最新型アトラクション、シベリアから太陽まで2分で往復する最新型のジェットコースター■■■■■■■過剰に放出されていくカリウムを(忘れたくない記憶)から順番に赤く染めていく。葉は朽ちて赤く舞う豪雪のように美しくあっけない。(反転する。)私は■■?  (すぐに反転。)朽ちる。落ちる葉全てが舞い散る様をを懸命に10本の指と手のひらの動きで演技している。 ■■■■■のA10レセプター■■■■■それ自体思い出すことも■■■何処か、世界中で一番寒い国にしんしんと降り積もる雪のひとひら■■■■■■■■■僕は舞台の真ん中で手のひらをひらひらと翻す。舞い落ちる葉を僕は誰でも気付くようにわざと稚拙に演じた。笑えばいいさ。あれから幾年が過ぎて、もう一度あれを、あの一瞬を演じてみて真実を知った。あの手のひらが翻していたのは朽ちた葉の螺旋ではなく、力尽きて緩やかに落下していく蜉蝣の最後だったんだ。)

28度の気温を正確に計る誰かが
割れたカップみたいに
ぼくの記憶をかたづける

Sep 1 2012 19:33:09

ねぇ聞いてる?

blog_5 - 087

K+CN-

Sep 25 2012 22:45:34

今まで
どれくらいの時間を考えることに使ってきたんだろう。

それは本来なら全て
記憶の中に、(囁いて)「脳の中に、
グリア細胞の中に。」(掠れ声で小さく言って)
蓄積されるはずだったのに。

「どこにもない、何もない。」

繋ぎ合った手を離してしまえば
このつぎはぎの思い出さえなくしてしまう。
絶望という名の毒薬で願うのは、きみの
幸せ。

全部壊してまおうよ、ねえ。
 

     壊すこと。その本質は、形を崩すことじゃないよ。

  
          僕が壊すのは、
            壊れていく過程を見ることが大好きだからさ。
壊れていく過程は本当に美しい。

       壊れてしまったものは、あるものは美しく、
       あるものは、醜い。

    けれど、壊れていく過程は、すべて美しい。

   枯れた花は、壊れていく過程にあって、
        だから、綺麗。

          その話、長くなりそう?)

    永久に続くよ。)

       壊れてしまっては、もうあとかたもない。

    壊れていく過程の雨の中では
       きらきらと輝いている。なにか、一粒や、細い線。

        壊れていく過程。

      8月の雷雨。
         声が届かないほどの、雷雨。

          美しいメロディばかり作って、そして、壊すのね。)

そうだよ。壊すことがすべて。
すべてをゼロに戻すことがすべてのはじまり。

   目的。1が100へ。100から0へ。

毎日死んでいる。
だけど、ね。

壊している、その時だけは、生きていると実感出来る。
すべてが、破壊へむかって、歩いている。

 
それはわかるけど。)

  だからって、、そんな夢のない話、大嫌い。)

 7は そう言って、去る。)

      ひとり残されて、こわれかけていく。

     綺麗だ。と思う。きっと。ある瞬間から別の角度で

  願うことを忘れてしまう。
だから、壊れていく過程は、潔く、潔癖で、
      深淵で、すべてを埋め尽くす。砂の中へ。

        あるとき、みつける。

     そして、壊す。
壊す。
          許す。

   操り人形が叫ぶ。

 「ようこそ、せかいのはてへ!!」

             たしかに、僕はもう着いている。

        太った小鳩を切り刻んで、
           喜んでもらおう。観客たちに。
 ああ、わかってる。
  自尊心のかけらもない連中だ。
     壊れていく価値もない連中だ。

   見せてあげよう。せかいのはてを。
           それほど、壊れていく過程が美しいというのなら。

  ただただ、笑う、夢のはてへ。
    連れて行ってやろう。   小鳩たちを。

          せかいのはての、黄昏をみせてやろう。
            美しさの極みを。

新しい言葉はもう全部出来た。(クリスマスカードさえもう。)
さあ、海へ行こう。
海の底へ着く頃には僕等もう天使だよ。

きみをメビウスの輪から連れ出してあげる。
本当だよ。

春になればわかる。

There is nothing to be afraid of.
But if you are eternity……………………..

blog_5 - 086