虚ろとアンブレラ。1/3

2014-03-31 05:31:59

ミスー、ここにあった青色の錠剤知らない-?

捨てたよ。

えええ、どうして-?

いいから早く出る準備をして
あと5分も持たないのよ。

わかったよ。
そのとき窓の外に大きな光を見た。
アンブレラ、ドアから離れて。
叫んだときには爆発音がしてアンブレラは中央のテーブルまで
吹き飛ばされていた。
アンブレラの元へ走ろうとしたけど
部屋の中は既に武装したグループに制圧されていた。

僕はあたまを押さえつけられ首に注射をされて、
アンブレラの方を向いて名前を呼びながら落ちていった。

次に目覚めると真っ白な壁と真っ白な床、それに真っ白なパジャマで
窓のない広い場所にいた。
それから5分後に誰かがやってきて
今までの経緯を僕に聞いた。
僕はただアンブレラと一緒に旅をしていたのだと言った。
それ以外でもそれ以上でもない。それよりアンブレラは何処?
青い錠剤持ってない、と聞いた。タバコでも欲しいと付け足して。
けれど、それは全て無視されたらしい。
僕はアンブレラのことを聞いた。
だけど、こちらからの質問には何も答えないみたいだった。
僕はアンブレラが心配でどうにかこの部屋から逃げ出したくて
部屋にある端末からこの建物の情報をハッキングした。
僕はクスリが切れてきていて
頭がぼんやりする中を頭を殴りながら
意識を保とうとするのに必死で
モニターカメラで監視されてるなんてすっかり忘れていた。
今までずっとそうだったのに。
僕はアンブレラの部屋を見つけた。
部屋があるということは
少なくてもまだ生きているということ。
僕はバスルームに入って鏡の前で
自分の目を見つめる。
見つめているとゆっくりと髪型が変わり
目の形も次第に変わった。
語り、なんとかしてアンブレラとここを一緒に出たい、そう言った。
無理だ、鏡の中のもう一人の自分があっさりと答えを出した。
でも、どうにかしてアンブレラに会いたい。そう僕は言う。
ここは独立した研究施設で完全武装した部隊がいる。
お前ひとりで何が出来る。と語りが言った。
だから、語りを呼んだんだよ。
僕を呼ばれてもこの状況は変えられないよ、虚ろ。
どうしよう、語り。
取りあえず、ここは様子をみるしかないな。
お前は研究対象で大切な存在のようだから殺されたりしない。
多分アンブレラもお前のために利用価値が在ると思っているから殺されたりしない。
青いクスリが欲しいよ、語り。
青いクスリが欲しい。
泣きながら僕はずっとそれだけを繰り返していた。

2014-03-31 23:05:24

虚ろはベッドに寝ていて点滴を打っている。
散漫で意識が集中出来ない。
ぼーっとしている間に僕は夢を見てた。
それはアンブレラが撃たれた夢。
アンブレラに近寄ろうとしたのにあいつら引き離したんだ。
血が沢山出ててアンブレラが死ぬんじゃないかって心配で鼓動が速くなった。
どうして僕達を静かにしてくれないんだろう。
きっとこの目が原因なんだろうな。
アンブレラを巻き込むことなかったのに、
僕はアンブレラが逃げてって叫んだ言葉が頭に残ってる。
しばらくすると彼らがアンブレラと一緒にやってきた。
僕はアンブレラに大丈夫って近寄って
でも、アンブレラが近寄らないでって言った。
聞き間違いかと思った。
アンブレラ、どうしたの?
あなたは第一級クランケ、明日から
研究を再開します。
アンブレラ、どうしちゃったの?
いつもと違うよ。
どうしちゃったの、アンブレラ。
私はこの研究施設の責任者なの、今後は先生と呼びなさい。
ここに青いクスリと赤いクスリがあるわ。
好きなだけ飲んでいい。
鏡は外していくわ。我慢して。
血圧も脈拍もモニターし続けてる。
あなたの名前、虚ろ、っていうのね。
変わった名前ね。
これから忙しくなるわよ。
今夜はゆっくり休んでおきなさい。

そういって彼らは帰っていった。
アンブレラが違う。
あれは違う。
何かされたのかな。
急がなきゃ。
アンブレラ、もう一人は嫌だよ。
涙を流しながら虚ろは青い錠剤を噛み砕いて
体がだるくなると
ベッドに寝転がって
泣きながら笑った。

2014-04-04 21:29:10

虚ろって名前珍しい。
懐かしい気もする。
誰だろう。
クランケを気にするなんて馬鹿げてるわ。
鏡に映った私の目から涙がこぼれた。
虚ろ。
私の?
わからない、何この感覚。
虚ろと言ったあのクランケは私を知っていた。
初めて会ったのに。
どうして、
私は何も思い出せない。
でもあの人を思うと涙が流れる。
なにもわからない。
悲しい気持ちで一杯の私は
青い錠剤を取り出して
口に投げ入れると噛み砕いて飲んで
泣きながらまた笑った。
同じことを繰り返してると
なんとなくわかった。
笑いながらテーブルを思い切り叩いて
誰にも聞かれない部屋で
虚ろ、と叫んだ。
私にはまだなにもわからかったけれど。

2014-04-05 20:59:33

目隠しと拘束具に縛られていた。
毎日アンブレラはここに来て僕に質問をする。
例えば、青いクスリを飲んであなたは何を感じるか、とか
そんなこと今まで散々アンブレラは僕を見てきたことなのに
全部初めての出来事のように記録し続けていた。
もしかしたらアンブレラの中身はもう別のものになっていて
本当に僕のことを知らないのかも知れない。
でも、どうしてそんなことになったのか
全部この目のせいだ。
僕はこの目を使って鏡伝いに中の人格と話をする。
それは特別なことだって知ってる。
だからどうやってそれが出来るのか知りたいのだろう。
そしてそれを効率よく研究するために
アンブレラの形が必要なのかもしれない。
全部僕の所為なのだと思って
今は目隠しも拘束具も外されたこの部屋の中でだけの自由で、
僕は青い錠剤をつかみとって5、6錠噛み砕いてコーラで流し込んだ。
3秒後、身体中に大量の電気が走り出す。
身体の中の心が笑い出す。
あははははははは。
どうでもいいや。
あははははははははは。
アンブレラ-、僕はまた壊れるよー。
目が熱くて体中の神経が敏感になって
くすぐったくて仕方ない。
誰かー、セックスしようよー。
誰かー。
誰かー。
誰かー。
アンブレラー。
僕はベッドの上に寝転がって泣きながら
アンブレラの名前を呼び続けた。

2014-04-09 11:44:31

アンブレラの手を繋いで駈けてゆく。
自動で閉まっていく隔壁を僕の目が開けてくれる。
息を切らしながら最後のドアを開けると
銃で武装した兵隊に囲まれた。
真ん中のスーツの男が言う。

二人で死ぬかい。

僕ら二人抱き合って死んだ。
僕はその光景を俯瞰から見ていた。
そして、僕は全て終わったあと
みんな殺したんだ。

目が覚めると夢のせいか
目元が濡れていた。
夢の中の僕は二人が死んでから
みんなを殺した。
どうして二人が死ぬ前に助けなかったんだろう。
アンブレラは今日も相変わらず冷たくて
何もかも忘れてしまっているみたいだった。
僕は診察中に泣き出してしまって
安定剤をうたれた。
それで涙は収まったけれど
悲しい気持ちには変わらなかった。

blog_5 - 65

午前2時4分、夜の公園を歩く。

11月だった。
気がつくと、(世界各国の首脳が)この夢にかじりつくように見入っている。

いつのまにか、色々なものが変わってしまった。
(「確か、まだ6月なのに。」と呟く。とシナリオに書いてある。)

たとえば、
空は容赦なく、青く染まったし、
風は、素早く丁寧に、僕を悲しませた。

たとえば、 あのそよ風の吹く暖かな真昼の新月、
(気温18℃)
空はどこまでも青くて(端っこだけ、黒いのさ。)、
乾いた唇とのどは、話すべき言葉を忘れ、
あたまを支配するのは、憂鬱、憂鬱、憂鬱、色彩。

ちょうどいい、
このくらいの気温のほうが、
悲しみにふれやすい。
弱き心を持つものよ、世界中の恋人たちよ。

さあ、いま、悲しめばいい。
別れればいい。

それで、冷たい風があなたの頬を撫でたとしても、
それは、ほんの数秒。
それは、ほんの数日。
それは、ほんの数ヶ月。
それは、ほんの数年。
それは、
それは。
永遠に続く。
無言のパレードのように。

そして、これが
最果てのワルツなのさ。

blog_5 - 62

舞い散る桜。

暗い闇の中に天窓から光が差している一筋のロープのような場所があって
私はその光の筋を静かに音をたてず歩いている。
しばらく進むと光の筋のおしまいの所にドアが見えて私はそのドアを開ける。
ドアを明けると光が一斉に目に入ってきて思わず目を閉じた。
光に目が慣れてくるとそこは公園で一面に桜が咲いている。
私の隣にはあなたがいて手を繋いでいて
桜の回廊をゆっくり人の群れに従いながら歩いている。
あなたが時々こちらを向いて笑顔で何か言うのに
私には何も聞こえない。
私は何も聞こえないから何も答えられない。
それでも時々あなたは話しかけてくる。
私は何も言っていないけどあなたには私が何か話しているらしく
あなたは相づちを打っている。
そう思っているうちにあなたの声が徐々に聞こえ始めた。
私はあなたの手の温もりに懐かしさと切なさを感じながら
これは多分夢の類いなのだと思う。
私はきっと夢でもいいからあなたにもう一度会いたかったのだろう。
私はあなたに手を引かれてベンチに座ると
あなたがどこかに行ってしまう。
もう行ってしまうのかと涙が出そうになったら
あなたが飲み物を持って戻ってきた。
私はあなたから飲み物を渡されてそれを一緒に飲んだ。
この時あなたは色々な話しをしていて
でもほとんどはこのお花見の公園のことについてだけれど
私はあなたが話す言葉の一言一句を予め知っている。
これは一度通った過去だから。
それでも、私はあなたと手を繋いでいるだけで嬉しくて泣いてしまった。
あなたには私の涙は見えていないようで
それは良いことだけれど
この幻想か夢がずっと終わらなければいいなと思う。
私の記憶が正しければこのあとあなたは重要なことを言うのだ。
けれど、その内容を忘れてしまっている。
だから、私はそれを記憶として記録するために
もう一度あなたの言葉を聞きたいのだ。
私の手をとってあなたは立ち上がる。
立ち上げると風が吹いて桜が空一面に舞い散った。
それがあんまり綺麗だったから私は綺麗ねと声に出して言った。
あなたはその声に振り向いて他人を見るような目で手を離して後ろに下がる。
そこで私はまた暗い闇の中に戻った。
それは幻想でも夢でもなかった。
私だけの世界の出来事で
結局あなたの言葉は聞けないままそれは終わった。

blog_5 - 59

春の木漏れ日とさよならの私。

滴の滴りのようにゆっくりと太陽が差し始めて
あなたの頬に格子の影を作り
私の膝を温める。
あなたの見る夢を想像しながら
眩しい光の方へ目をやると朧気な幻が浮かび上がってきて
そのうちに輪郭を帯びて
忘れていた名前のあなたになった。
その目に私は映っていないのか、
私が適当に選んだ名前を呼んでも明後日の方を向いたまま動かない。
それは多分どんなにはっきりとして見えても
幻なのだから当たり前のことだと今は思うけれど
その時の私はその姿があまりに鮮明なので
当たり前のことを忘れていて
遠くを見る名前を忘れたあなたの肩に手をかけようとして
手が宙をすり抜けた拍子に小さくよろめく。
その動きでひざの上のあなたも揺れて顔に水滴が落ちた。
私はあなたが目を開かないことを確認して
もう一度光の方へ目をやった。
もう太陽は上の方に行って眩しさも無く
忘れていた名前のあなたも消えていた。
本当は見えていたのかさえもわからないのに
消えていたことが少し寂しい。
私には今このあなたがいるのに名前を忘れていたあなたが
とても懐かしくて目にシャッターがあれば
写真を撮っていたのにとわけもないことを思った。
もし本当に目にカメラがあって
写真が撮れるならきっと幻でも写すことが出来たはずだから
心の中の写真をどうやってプリントアウト出来るのかとまで考えて止めた。
そのくらい驚いた出来事で
心がひんやりして冷たい気持ちになった。
ああ、懐かしいな。
もしもう一度あなたに逢えたら、と思うことだけで
心がさっきより一層冷たくなった。
私はそんな感傷に浸りながら
少し重く感じるあなたの頬に手を触れて温かいと思う。
私は我が儘だから名前を忘れていたあなたさえも
もう一度手で触れたいと思うのだろう。
手を触れて多分涙を流して
あなたの名前を思い出すまで見つめている。
それでもきっと名前を思い出すことはないと知っているから
通り過ぎたあなたに会うことも叶わずに
私は動きを止めてしまってそのうち死ぬんだ。
私は執着心が強いから、名前を忘れていても
実際に私の中に存在した人の幻に出逢うだけで泣けるのだと
改めて知るだけの怠惰な木漏れ日だった。

blog_5 - 58

†ø º£

———————虚ろとして

(あの日きみがいなくなってから僕は世界を凍結した。

全てが色をなくし目に映る景色は荒んだ荒野となった。
僕自身はといえば、荒れ狂う嵐のような激しさで堕天した。
一週間ずっと眠ることも忘れ
安物の楽園で天井を見上げたまま何もせず、ただそこに居て
クスリがなくなると時々病院に行った。

きみの香りも忘れてしまった。
(きみの名前すら楽園では思い出すことはなかった。)

きみのいたきみのいない世界は、
匂いをなくし、色彩をなくし、全ての装飾をはがされ、
体の表面は綺麗にすべて1ミリ程の薄い氷で覆われてしまった。
(すっごく痛いんだよ。)

だから僕は神様から安物の楽園を買った。
そしてずっと笑い続けた。)

———————語りとして

ふと、私は一体どうしてこんなところにいるのだろうかと
自らに問いかけることもあった。
それでも悲痛な表情のすぐ後には笑い転げていた。
悲しくて可笑しくて
何もかもが絶望的なのに
笑い始めるとどうしても笑いが止まらなかった。
僕がいた楽園とはそんな場所だった。

きみといたこの部屋がそんな楽園に変わり果てた。
狂ったし、笑えたし、
未来なんてどうでもよかった。
ただ過去を忘れないために
その時間を書き留めておくことだけが
大切なことだった。

その楽園ではどんなに複雑で長い記憶も
書き続けることが出来た。
笑い続けながら悲しい文章を書き留める毎日を過ごした。

(鳩が一斉に空へ飛び立つ姿にはしゃぐ子供たちが居た。)

今、そのときの文章を
もう一度読みなおして美化されている箇所の訂正をし
新たに書き直している。
同じ言葉をそのまま使っているものもあれば
ほとんど書き直したものも多く
そのせいもあってタイトルなどは変更したものが多い。

話しを変えようか。
愛されているとか愛しているとか
もし、自信を持ってそれが本当だと思うなら
それはどこからが愛でどこまでが愛と呼べるものなのか。
もう一度考え直して今まで愛した人の数を数えてみて欲しい。

(それを僕は見ないふりで数える。 )

僕はきみを本当に愛していた。

これは本当なのかどうやって確かめることが出来るのだろう。
どこからが愛でどこまでが愛で
では、この「きみを本当に愛していた。」ということが
真実なのかどうかどうやって確かめたらいいのだろう。
僕が、ではなく、あなたが。

私は狂った詩人で
安っぽいけど高そうに見える言葉を使って
巧みに安っぽいけど高そうに見える文章を書いてきました。
こんなことは多少の文才があれば誰にでも(略)

私は狂った詩人で、と語る
この上記の文章が本当かそうでないか
どうやって確かめることが出来るだろうか。
私が、ではなく、あなたが。

こんな言葉遊びで人の心を動かすことが出来るとしたら
それは本当の天才なのだろう。

僕には関係ない。
(足跡が、ひとつ、ふたつ、 みっつ、 よっつ… 過去を描いた。)
ここにひとつの文章がある。
※下記を参照。

「心に付いた跡は風に晒されても消えず、
過去という名で永遠にそこを彩る。」

私が過去に書いたものだ。
心という言葉を恥ずかしさもなくさらしている。
「過去という名で永遠」と書いている。
確かにいまも覚えているし
死んだあとのことまで永遠に含めるかどうかは
別の問題なので割愛するならきっと本当に永遠なのだろう。
問題はその最後の結びの言葉。

「そこを彩る。」

彩る、これは嘘だ。
私が回想するときに見える視覚は白黒なのだから。
残念だが色彩はない。
私に、ではなく、あなたにとって。

最後に原文に残されていた文章を残して
終わりにしよう。

「神経にきみの跡をつけた。それは僕がつけたもの。
もう二度と、きみを忘れることができない。
例え、それが心を凍えさせるとしても、
きみを忘れるよりはいい。
だからこれでいい。」

tatoe sore ga kokoro wo kogoesaseru to shitemo
kimi wo wasureru yori ha ii
dakara kore de ii

僕は、壊れる。

Oct 16 2012 12:05:25
それは秋で、
(深夜2時、静かにゆっくりと流れ下る灼熱(溶岩)は彼の世界の頂きの一番天空に近いところ、つまり脳内、記憶の溝が深くシナプスの密集度が最大値を示すA10と呼ばれるポイントから産み出される。膨大な数の神経網は上から下へ伸び続け、複雑に交錯し絡み合い末広がりに巨大化し、自己複製ピラミッド型スーパーコンピュータになる。その性能、ベンチマークは現在のスーパーコンピュータの演算速度を三世代は上回る。一番驚くのはその脳内の活動に必要なエネルギーは全て神経網を駆け巡る光に反応して細胞内のミトコンドリアが植物の行う光合成に似たシステムでATPを熱分解し、熱量を自給自足しているということだ。それは国家さえ越える巨大なコングロマリットのように不気味に闇を形成している。そして、この巨大な化け物はひとりの脳内に数百億を越える疑似人格を持ちながら、それぞれが個体としての意識を完璧に管理する。つまり、ここに宿った疑似人格たちはどの個体も、自分が自分自身である、と完全に認識している。そして、その自意識を維持するための膨大な記憶のデータベースを持っている。一体、何故? 彼の脳に何か特別な因子があるのか。何もわかっていない。何もわからない。彼は生まれた時から一度も目覚めたことがない。脳死状態ではない。むしろ、常人より多くカロリーを消費している。脳の活性は高く、発電量も異常に高い。彼はきっと夢を見続けているのだと私は思う。夢というのは体験している間は何時間、何週間と感じたとしても、実時間では1秒ですらない。彼の中にある数百億の疑似人格それぞれが各自毎日個別の夢を見ると仮定すると脳の活性が異常に高いことも納得できる。しかし、これは確かめようがない。何か質問はありますか。(沈黙)
(中略)
特に興味深いのは、(声が裏返る。)
この数百億の疑似人格同士が同じ身体に多数の別の人格の存在をを認識しながら自己としての整合性を保っていることです。いままで観察されてきた多重人格の症例では多重人格は主人格が破綻した結果の逃避行動
(ねぇ寒いよ、窓閉めてくれない)
であると言われてきましたが、彼に関しては全く当てはまりません。彼の中の人格たちはお互いの持つ個性や嗜好を要素に因果関係を派生させながら生態系の基本、エコピラミッドを構築しています。これは重要な点です。彼の最も特異なる性質であり特長です。彼の身体はひとつの世界と言えます。弱肉強食のありふれた世界なのです。これほど変わった特性を持ちながら彼自身をひとつの全体像とするとこの世界と全く変わらない。同じルールで生きています。宇宙と全く同じルールです。そして、その世界を作る個性的な疑似人格たち。すべての人格を自身ひとつに収束しようと全人格を敵として殺し合うもの。7がどうしようもなく好きな男。夢と偽りの中で真実を求める男。世界に裏切られたという理由で世界の果てという国を作った男。恋人に捨てられ、夜しかない世界を生きる闇の女王。(省略)疑似人格の個性の要素となる因果率は無限だよ。あそこを見てごらん。数字の2がどうしようなく好きだというだけでお互いを恋人と呼ぶもの。本当に面白い、そしてくだらない。どうでもいいことだ。(ああ、もういい、この話は長すぎる。省略する。)
追記。
彼の主人格について。
■■■■■■■■■バーチャルワンダーランドの■■■■の中で■■された超最新型アトラクション、シベリアから太陽まで2分で往復する最新型のジェットコースター■■■■■■■過剰に放出されていくカリウムを(忘れたくない記憶)から順番に赤く染めていく。葉は朽ちて赤く舞う豪雪のように美しくあっけない。(反転する。)私は■■? (すぐに反転。)朽ちる。落ちる葉全てが舞い散る様をを懸命に10本の指と手のひらの動きで演技している。 ■■■■■のA10レセプター■■■■■それ自体思い出すことも■■■何処か、世界中で一番寒い国にしんしんと降り積もる雪のひとひら■■■■■■■■■僕は舞台の真ん中で手のひらをひらひらと翻す。舞い落ちる葉を僕は誰でも気付くようにわざと稚拙に演じた。笑えばいいさ。あれから幾年が過ぎて、もう一度あれを、あの一瞬を演じてみて真実を知った。あの手のひらが翻していたのは朽ちた葉の螺旋ではなく、力尽きて緩やかに落下していく蜉蝣の最後だったんだ。)

blog_5 - 55