さよなら、私を失くした永遠のブルー。

30 DEC 2016 AM00:28
by: Sayonara Tsubakitowa

額装された絵葉書に添えられた懐かしい癖のある文字を見ていた。
けれど私にとってそれはなんの価値もない。
ただの絵葉書でしかない。
懐かしいと感じたのは私の経験由来からではない。
私以外の知らない誰かの記憶によるもの。
特別なルールで私は生きている。
私たちの名前はさよなら、何番めかは知らない。
だから、もうこういう感覚には慣れている。

31 DEC 2016 AM02:16
by: Sayonara Tsubakitowa
私には家族も友人も知り合いと呼べる人間は一人もいなかった。中の人とは時々話すこともあったけれど、こういう関係は知り合いとは呼ばない。
だから私は私が私に気づいたときからずっと一人だ。
けれど孤独も寂しさも辛いと感じたことはない。
クスリがあれば私はいつでも簡単に幸せになれることを知っていた。
私の幸せはお金さえあれば簡単に買える。
その程度のものに過ぎなかったけれど
私にとってそれは十分満足できるものだった。

27 NOV 2009 AM03:46
by: Sayonara Tsubakitowa
この世の正き善人である彼らにとって私は悪であり人ではなかった。けれど彼らは正しさに盲目すぎるだけなのだと私は思う。(だって人が悪なのではなくて、人が為すのが悪なのだから。)

28 DEC 2016 PM17:58
by: Sayonara Tsubakitowa

どうしよう。
どうすればいい。
私はもうどこへも戻れない。
いつのまにか、こんなにも(あなたから)遠いところまで来てしまった。
ここからではもう何も見えるはずもない。
だって、ここには何もない。何もない。何もない。
何もないの。ないの。
私はこれが全部夢ならいいと願いながら足首に針を刺す。
その刹那冷たい水が私の静脈を駆け上り頭のシナプスをこじ開けスイッチを入れる。
さっきまで私を不安にさせていた何もかも、一切が、
苦しさも悲しさも一瞬で無くなっていく。
私を悪に祭り上げた神様が私の悪の全てを許してくれる。

25 DEC 2016 AM00:00
by: Sayonara Tsubakitowa

Happy Merry Christmas to You.

わたしはここにいるよ
わたしはさよなら、あなたのわすれもの
あなたのゆめのなかのわたし、
おわったらめをあけて
きちんとわたしをころしてね。

26 DEC 2016 PM14:23
by: Sayonara Tsubakitowa

「終わりは もうそこに」
彼は穏やかな口調で唐突にそう告げた。

私の悪はいつから始まったのか
私は知らない。
気がついたとき私はすでに悪だったから。

昨夜私は大量に届けられたプレゼントの開封作業をしていて
ベッドに入ったのは6時を過ぎていたから
目が覚めると窓の外は微かに陽が翳り暗くなり始めていた。
眠りの余韻を引きずりながら私はベッドから抜け出しコンピュータの前に腰掛け自分の名前をコールした。
(今日1度目の煙草に火をつける。)
黒いスクリーンに色がぼんやりと浮かびあげると次第にせわしなく移動して変化しながら、
ゆっくりと滑らかに画面全体に一枚の絵を描いていく。それは画家が実際に描いているようにみえるリアルな描写で変化する。
(この一連のプロセスは省略することができるけれど、私はこれを眺めるのが好きなのでいつも最後まで見ることにしている。)
そして最終的にスクリーンにはクロード・モネの有名な絵が完成した。
薄青いパステルカラーに光が反射している。

今日はモネか。なんだっけ、この絵好きなのにタイトルが思い出せない。( Claude Monet – Waterlilies )
コンピュータが起動するとすでに期限の過ぎたリマインダーのラベルが大きな画面を埋め尽くして赤く光っている。
私は2本目の煙草に火をつけながら、リマインダーのラベルを一つずつクリックして消していく。
けれどそうしている間にも画面には次々とアプリケーションが立ち上がりスクリーンはまた埋め尽くされていく。

毎回呆れながら思う。
私はこれらすべてのアプリケーションを本当に必要としているのだろうか。
自分の面倒を自動化するためのアプリケーションなのに、その確認作業に費やす私の時間はどれだけかかるのだろう。
唐突にクラッシックな鐘の音が三つなり、私は今が15時だと知る。
空は雲がかかり陽は陰り薄暗くなりかけていたけれど、
窓から差し込む光は私の部屋にまだ昼の光を残してくれていた。
左手に目をやると薬指に嵌ったリングの青い石が外光を受けてキラキラと輝いている。
それは一昨日のクリスマスイヴに恋人がくれたものだ。
恋人はそれはクラダリングという特別な意味を持つリングなのだと言った。
はめる指や付け方で意味が変わる伝統的なリングで、
左手の薬指にはめると私には恋人がいる、もしくは私は既婚者だという意味なのだと教えてくれた。
私は嬉しくてもらってすぐにそれを左手の薬指につけて、それから片時も離さずにずっとはめている。
綺麗な青い石の輝きが私の心を温かくする。
私がこうしていま穏やかな気持ちでいられるのは
このリングのおかげなのだ。

私はもう目も覚め、喉が渇いたのでお湯を沸かしてプレゼントにもらったばかりの紅茶を淹れた。
ティーポットにお湯を注ぐと青い花びら、赤い花びらが花開いていく。
カップに注ぐと湯気が立ち上りジャスミンと薔薇といくつかの花の匂いが香った。
私はそれを飲みながら本が読みたくなった。
部屋には読みかけの本がいくつも山になってテーブルを占領していた。
私は山の一番上にある本を手に取って、しおりをめくる。
読み始めると一つの物語は短く数分で読み終えた。
暗く陰鬱的な内容の物語だったけれど、
綺麗な文体で描かれる不幸な女の空想の世界が私にはとても純粋なものに思えた。
私は本を閉じてデスクに置き、左手のリングに目をやる。
リングを窓に照らしてみた。
青い石の輝きが増したような気がした。
そして思った。
多分私は生きてきた中でいまが一番幸せなのだと。
そしてそれを与えてくれたのは紛れもなく私の恋人なのだ。
このリングはその幸せを形にして見せてくれる。
私は感謝しなければならない。
もっともっと感謝しなくてはいけない。
私の心は嬉しさで満たされている。
この世界はけして悪くない。

私は本の続きを読みながら、
この平凡な日常こそが幸せなのだと
生まれて初めて心の底からそう思った。
今まで私を苦しめてきた孤独や悲しみ、辛かったこと、悔しかったこと。
それらすべてを創ったこの世界の全てを許そう。
私はこんな気持ちをくれたのだから、全部許そう。
この瞬間のために私はきっと生まれてきたんだ。
生きてきて、生まれてきてよかったと、初めてそう思った。
世界はこんなにも素晴らしいことで溢れている。
こんな私にも幸せをありがとう。
私は今から生まれ変わろう。
この世界に感謝をしよう。
悪から善へ変わろう。
私は鏡に映った自分に向けて宣言した。

(13秒の沈黙が過ぎ、唐突に幕が上がる。)

鏡の私が不意に笑い、
それは無理ね。と私に言った。
人はけして悪ではないの、人が行うことが悪なのよ。
鏡の私が私に言った。

突然の知らない声に驚きながら、記憶のどこかに触れるような奇妙な懐かしさを感じていた。
・・・なんとなく、そう・・暖かい。

それは誰が言ったの。と私は尋ねる。
(あなたの言葉よ。あなたはもう忘れてしまったけれど、あなたが昔、私に言ってくれた言葉よ。)

私の言葉・・・
・・私が忘れてしまった。
一体なんのことだろう。
私は私の内と外の区別が曖昧になっていくのを感じている。

(あなたは人ではないのよ。)

私が人でないなら、私は何だろう。
このやりとりをしているうちにほんの少し前に感じていた幸福に満たされた高揚感はすでに消え、
私の心は不安と苛立ちが支配し始める。

(あなたは見えないもの。創られた意識。
肉体を持たざる魂。)

私の体はここにあるよ。
(それはあなたの体じゃない。主人のものよ。)

どういうこと。
主人って何のことなの。
あなたは誰なの。
どうして私を知っているの。
私の不安はすでに限界まで達している。
声が震えている。指も震えている。

(思い出せばわかることよ。)

何も覚えてない。
私は何を忘れているの。
得体の知れない恐怖が私を絶望的な牢獄に閉じ込める。
壁に繋がれた鎖に両腕は繋がれ身体の自由を奪われ、
私の中に閃く一瞬何かが見える。

(ああ・・そっか。思い出した。と永遠が言った。)

24 DEC 2008 PM00:00
by:The day is falling, the drop of the night falls, the destination is darkness

おいで、さよなら、花はね、散ってこそ美しいんだ、
儚さ故の美しさだよ。
だから、さよなら、君はとても美しい
覚えておいて・・・

26 DEC 2016 PM15:23
by: Sayonara Tsubakitowa

(彼が来るわ。
彼が全部思い出させてくれる。)

私は知らない。何も知らない。
私は主人からさよならにされただけ。
四季だって、永遠だって、みんな、同じようにされただけ。

(あなたの主人の名前を教えてあげる。)

「あなたの本当の名は、フルール・ド・リス」
フルール・ド・リス(flœʁ də lis)。

左目で愛してると囁いたさよならの憂鬱。

unambiguousness
[名詞] 接頭辞 un- と ambiguousness の合成語。
[意味] 明白なこと

——————————————————————-

24 Nov 2016 AM03:43
by Shiki Watanuki
月の明かりに白く照らされたベッドに仰向けで四季は意識がさざめくのを感じていた。そして、ガラステーブルに置かれたスタンドミラーに目をやると、やはりいつもと変わらず僕を見つめるさよならの目があった。さよならの視線にはいつも誰かに酷く怯えているような何かを怖れているような緊張感があった。そして、その兆候はさよならが歳をとるたびに少しずつ強くなっていった。僕はそんなさよならが愛しいと思いつつも逆に怖れてもいた。僕はさよならがいなければいいのにとさえ思うこともあった。誰だ。これは僕じゃない。僕はこんなこと思っていない。誰かが、僕じゃない誰かが考えた言葉が僕の中に浮かぶ。冷や汗が出て怖くなる。僕はしばらく息を止めたあとに深呼吸をして、少し落ち着いた。そして何もせずにぼんやりしていると、不意にさよならが「今日は私にさせ・・・・・・、」とほとんど聞き取れない言葉を言った。(ここは特殊な作りになっていて、下層に降りていくための階段へ続く長い廊下は壁が全て鏡で出来ていて、鏡同士が何度も繰り返し鏡映りしてどんどん小さく映っていく仕組みになっている。長く続く壁一面張り巡らされた鏡(しかし、これはもう鏡とは呼べない、鏡の機能はすでに失われているのだ。)を一度でも通ったことのある人間なら必ずそこで立ち止まり何かに取り憑かれたかのように映る無数の自分が見えなくなるまで小さくなって、恐ろしさにはっと我に帰る。そんなような少し変わった建物が私たちの屋敷だった。)
ベッドにまた寝転がった四季はタバコに火をつけてゆっくりと昇っていく煙を見つめたまま、今頃になって、さよならが言ったさっきの問いかけに「そうだね」とわざとゆっくり話すように言い、続けて今度は上機嫌そうな早口で「今夜はそうだね、きみがいい、さよならの好きにすればいいよ、全部。僕はもう少しここにいたいんだ。だから行っておいでよ。」四季は話し終えると向きを変えてサイドボードの灰皿に半分吸いかけの煙草を人差し指と中指で丁寧に押し付けて消すと、天井を見上げる姿勢になって、「さよなら、後は頼んだよ。」と言ったあと右の目を閉じた。そしてそれに追いつこうと急いでさよならも左目も閉じた。それが合図になり変容が始まった。私たちは意識の集合体だから何にでもなれるし、本当にはなににもなることは出来ない。だから、何も聞こえないし、何も見えないし、痛くて悲しくて可笑しい。でも、これでいい、ていうか、これが好き、私、こんな冷たくて寂しくて絶望的な気持ちや孤独は全部四季にあげることに決めた。 決めたもん。

24 NOV 2016 AM01:45
by: Sayonara Tsubakitowa
誰もいるはずのない真夜中のビルの屋上の落下防止策の向こうに金色の瞳の少女が立っている。名前は椿永遠さよなら。さよならは祈るように名前を告げた。私の名は四月一日四季、これから死ぬ人の名前です。いつまでもなるべく忘れないでいてあげてほしい。

20 NOV 2016 PM13:28
by: Sayonara Tsubakitowa
私たちは移ろいやすい上に傲慢で本当は私だけでよかったのにといつものように思う。けれど、果たしてそうなのかとも思う。四季は普段はどんなことを考えているのだろう。私たちのような半分の身で何を目的に生きているのだろう。私には椿と永遠が側にいてくれる。私たちが自己意識と呼ぶものは、椿、永遠、私三人が円卓を囲んで一つの意思決定の会議を常に行なっているようなものに近い。実際には出来る兄に頼りきりの妹のようではあったけれど。一瞬の間があって再び目を開けると、目の前に椿永遠さよならがいた。さよならは姉様に頂いた黒い蛇のドレスを着て「ねえ、私姉様に似てる。」と何度も何度もしつこく僕に聞いた。

1 (28)

終わってはじまり、そして、また終わり、続く。「unambiguousness」

ずっと長い間、見えないものについて書いてきた。
見えないものが欲しいという道化の話や
透明な蜘蛛の話、
希望や絶望、悲しみや愛しさ、
約束や世界の果て、
夢、死、
数え上げればきりがない。

そして何よりも抜きん出て多く使った
今としては最も退屈な言葉、

「永遠」

季節が秋から冬へ変わるように
僕もまた全く違う新しい自分へ変化する時期が来た。
ただし、僕は季節のように巡りはしない。
元に戻ることもない。
新しい僕はいつでも常に新しい。
新しい自分になりまずなにをしようか。
そうだ、一つ重要なことを宣言しようと思う。
初まりに相応しい。

耳を澄ましてよおく聞いて、
ちゃんと聞いてる、
今はとりあえず全ての作業を中断して、
この宣言だけに集中するんだ。

きみやきみ、そこのきみも、手を止めて口を閉じて、
じゃあないと一生聞き逃したことを後悔することになるんだから。
ベッドの中で肘をつきながら
枕を台にしてiPhoneをこつこつとせわしなく叩いて、
次の展開を考えながら、
喉が渇いてしかたのない僕は
我慢しきれずにベッドから這い出して
テーブルの上から青いタンブラーを掴んで
一口くちにして、温いと思った。
本当は冷たいものが欲しかっただけど
階段を下りるのも面倒だし
とりあえず喉の渇きは収まったのだから、
諦めてまたベッドに潜り込んで
同じ体勢でiPhoneをこつこつと叩き続けた。

ねえ、きいてる、
さっきの話に戻るけど
宣言の話、
あれまだ言ってなかったよね。
一番大切なこと忘れるところだった。
僕の悪い癖だ。
それでは、宣言しよう。

僕は、もう見えないものについて、

書くことはやめる。


宣言、終わり。

次に会うときはどちらかが、死ぬときだね。
そのときだけは、宣言を破ることを許す。
きみに捧げる涙や祈りについては
偽物だけどちゃんとあげる。
午後19時も使えないのは不便すぎるな。

え、わかってるよ。
そう言うと思ってた。
そうだよ、特別文章に飽きたわけじゃないさ。
これからも物語は書くよ。
真っ赤な空の黄色い海の物語を。

天蓋が降りて、
一夜が二夜へ変わる。

先ほどの目つきから明らかに変わった目でふわりと笑う。
時間がゆっくりになって伸ばされて縮む。
暗闇の中心から階段が生まれて
上からゆっくり階段を降りる音がする。
カツンカツンと靴音を闇へ響かせながら降りてくる。(誰が?)

主人が。

僕から僕へと変わる。
新しい僕の名は、

00:32:57 30 October 2016

僕の名前は、四月一日四季と申します。
右目が言った。
そして、私が椿永遠さよならといいます。
左目が言った。

そのからだの両の目があちらこちらを忙しく移動していたが
突然目を閉じて、再び目を開けると瞳の色が金色に変わっていて
表情が女性特有の仕草を帯びて小さく笑った。

次は私が話します。
またいつか機会のあるときに。

若い女の声がそう言うと意識が消え、
それとともに傍観者であった私たちもこの場所から追い出され
仕方なくそれぞれ自分の世界へ戻された。

そして、ときが、とまる、

0:41:58 30 OCTOBER 2016

1 (22)