夢のような日。| Parade Alone

Jul 22 2012 3:12:32

やっぱり本当の夜はいいな。
昼でもここは夜と変わらないけど。
西向きと東向きに二つある窓、
どっちもカーテンで閉められてるんだよね。
真っ黒くて分厚い遮光カーテン。
おかげで、ここにいると時間感覚が狂っちゃう。
時計は必須だよ。
腕時計に置き時計が1、2、・・5つ。多いな。
あれ、このデジタル時計、今昼だ。
みんなバラバラの時間で行動するから
ここにある時計って全部同じ時間のものないんだよ。
誰のだろ?
今昼か。ふうん。

どうでもいいや。
とりあえず僕はグリニッジ標準時を採用してるから
本当の時間軸で生きてるよ。

ええと、それでさ、
今日はね、特別な日なんだよ。
記念日とかいう意味じゃなくて、
ある人がここへ来る。
超重要人物。
僕が会うの4度目くらい。
滅多にお目にかかれないよ。
超レア。

あ、、、あれ、
なにしようとしてたっけ?

もう、3時だ。
あ、今日はあの人が来る日だ。
嬉しいな。
何かくれるかな。
挨拶とか失敗しないようにしなきゃ。
最後にあったのって、多分、5年、まえ、くらい?
雪が降ってたような、うーん、思い出せない。

そうだ、コンピュータのカレンダー見れば。
昔のデータ残ってる、かな。
ああ、ないっぽいな。

そいえば、あのときって
大変だった、え。?
たいへん、?
何かたいへんなこと、
が、あって、
たいへんなこと。
なんだっけ?
すっごい・・・たいへん  

だった、ああ、でもー、
なんだったけ。
思い出せない。
あの人が来たら聞いてみよう。
あの人は忘れたりしないから絶対知ってるよ。

いつくるんだろ。
あれ。

誰が?
誰が来るんだっけ?
誰か来るの?

誰?
誰だっけ?

また、忘れちゃった。
僕の記憶回路は壊れてるよー。

いいや。

のど渇いたな。
冷蔵庫に何かあるかな?

冷蔵庫、冷蔵庫、と。
はい、開けます。

・・・え。

人のあたま、だ。   閉めよう。バタン。

・・・
ちょっと、びっくりしたぞっと。

誰の仕業?
やめてよ、ほんとに。
気持ち悪いからさ。
僕、グロい系苦手。ほんと、無理。
冷蔵庫、買い直す、絶対、決定。

虚ろはベッドの上に飛び乗って
ベッドサイドから寝転んで
キーボードに手を伸ばして素早くタッチする。
コンピュータの画面をブラウザに切り替えて
慣れた手つきで冷蔵庫を検索している。

これでいいや。
これにしよ。

ああ、でも冷蔵庫。
あのままじゃ処分してくれないよね。
僕がやるか、誰か他の、

あたまのなか、で、こ、えが、き、こえ、る
うつ、ろ、ひさ、ぶり、
あ、たまが、か、らd、だがきゅ、に

4時1分か。
バースデーと一緒。

さ、早く片付けて帰ろう。あの人が待ってる。

語りは冷蔵庫を開けて、
人のあたまが入っているのを確認する。

虚ろにも困ったな。
毎回、姉様は後片付けを僕に押しつける。
こういう汚れ仕事はジンロウあたりが丁度いいと思うけど。

人のあたまは結構重い。
語りは両手で耳の下を支えて冷蔵庫から取り出す。
それから用意していた分厚いビニールの蒼いゴミ袋を広げて
中に転がすように投げ入れた。
(ボーリングみたいだな。)
そして、あたま全体が隠れるように
ベッドから剥ぎ取ったシーツをぐちゃぐちゃにして中に押し込んだ。
冷蔵庫の指紋を全部拭き取ったあと、
ガソリンの入ったポリタンクをふたを外してから持ち上げた。
(全部語りが用意したもの。)
冷蔵庫の上から
ガソリンをぶちまけていく。
部屋中、ガソリンの匂いが充満してる。
語りはライターを取り出した。
火を付けたまま
ガソリンまみれの冷蔵庫の足下へ投げ捨てた。

一瞬、ライターの火が大きくなって、
そのあとすぐに小さな爆発音がして火は天井に燃え移っていく。
すぐに部屋全体が黒い煙でいっぱいになった。
語りはドアから平然と部屋を出る。
入ってきたときと同じように静かに開けて、静かにドアを閉めた。
それから、ゆっくり歩きながら最短距離でエントランスを出て
何も無かったように、いつもと変わらない自然な動きで
大通りまでゆっくり歩いて、
いつもと同じように小さく手を挙げてタクシーを止めた。
開いたドアの中へ入る。
「三軒茶屋へ行ってください。女子大の近くになったら教えてください。左折したい場所があるので。」と行き先を丁寧に伝えると
目を閉じて眠ったふりをする。

余計な話しをするのが嫌いなんだ。

語りはよく、ファッションデザイナーと間違われた。
語り自身ファッションが大好きで特にハイファッションを好んで着た。
最新のモードファッションスタイルの語りは
何処にいても目立った。
運転手はミラー越しに語りをちらちらと何度も見ていた。
眠っていると思っているから遠慮がない。
明らかに見ているとわかる挙動だった。
けれど、運転手がみていたのは語りではなく
語りの着ている服だった。
どうやって着る服なのか、形が複雑すぎて
運転手は何度見てもわからなかった。

(語りは殺し屋なのにね。アーティストだからさ。おしゃれなんだ。)

タクシーの運転手はそのあと、
海外のあるブランドの名前を思いだそうとして
走りながらずっと考えていた。
思い出せそうなのに、どうしても思い出せなかった。
そして、タクシーは池尻を通り過ぎた。
(運転手が思い出そうとしていたブランドは「Dior」)
運転手が語りを起こそうと声をかけようとしたとき、
語りは目を開けて起きたふりをした。
そして、運転手に、女子大を過ぎた次の信号機を左に入って
水道局を越えたら道なりに少し走るとファミリーマートがあるので
そこで止めてください、と丁寧に告げた。
コンビニの前でタクシーが止まると料金を全部一万円札で支払い
おつりはいいです、と少しだけ微笑んで見せた。
運転手は金額が多いからと一度断ったが、
語りが大丈夫です、全部会社のお金ですから、と言い、
もう一度小さく微笑むと、
運転手は、有難うございます、と言ってレシートだけを語りに渡した。
語りは上着を手に抱いてドアが完全に開くのを待ってから、
ゆっくりとタクシーを降りて、開いたドアの方へ振り返り、
小さな声で、有難うございました、と言ったが、
その声は小さすぎて運転手の耳には届かなかった。
語りはコンビニに入るふりをしながらゆっくり歩いて
手に持っていたレシートを細かく契って手のひらの上において、
バースデーケーキのキャンドルの炎を子供が消すみたいに
ふうーと息を吐いて捨てた。
(語りは自分の誕生日を知らない。だから祝って貰ったことはない。)
そのあと語りは道路に背を向けて歩道を歩きながら
それとなく視線だけは遠くなっていくタクシーを追いかけていた。
タクシーが完全に視界から消えると
語りはコンビニから離れて、
タクシーが消えていった方向の逆へ向きを変えて歩いた。
そして、駅に着くと、また小さく手を挙げてタクシーを止めた。
語りは少しかがみながら静かにシートに坐り、
視線を少しだけ運転手に向けて、
丁寧にゆっくり小さな声で行き先を告げた。

(成城学園までお願いします。砧公園を越えると大きな病院があるのでそこで止めてください。)

タクシーから降りるともう外は明るくて
病院前のバス停にこれから通勤しようとする人たちが大勢並んでいた。
語りはアーケードのある商店街を歩いた。
そして、マクドナルドの前に来ると隣のTSUTAYAとの間にある
狭い裏道へ入っていった。
狭い道を出ると割と広い道路に出た。
道路を挟んで左右それぞれ独特のデザインで
凝った作りのデザイナーズハウスが立ち並んでいる。
(いわゆる高級住宅街。)
語りはそれには目もくれず右折すると、
それまでと違って早足で走るように歩き始めた。
デザイナーズハウスに両側を挟まれた、
それとはまた少し雰囲気の違うマンションの前で語りが止まった。
語りはマンションの上を見上げたまま、
携帯のボタンを押した。
少しだけ長いコールのあと、短い会話。
(10秒くらいだったと思う。)
語りはそのマンションの入り口に置いてある
コカコーラの自販機で2本小さなペットボトルを買って
マンションのエントランスのコールボタンを押した。
少しの沈黙のあと、スピーカーマイクから女の声がして、
ドアのロックがはずれると、語りはドアを開けて
静かに戻し、薄暗い階段を静かに昇る。
スパイラルを三回繰り返した。
部屋と部屋を分けるコンクリートの壁は解放で
そこから薄青い空が見えるが、語りは見ていない。
語りは目的の部屋の前に着くと
ずっと手に持ってた携帯をマナーモードにして
バッグの中にしまった。

インターフォンがあったけど、語りはドアを静かにノックする。
ドアのロックが外れる音と同時にドアが開いた。
語りはその瞬間今までずっとしていたメガネをはずし、
そこで意識が消える。

(バイバイ)

ドアの前で椿はメガネをバッグにしまった。
少し開いたドアの中から小さい声で名前を呼ばれ
椿は開いたドアのすきまをすり抜けて中に入ると
折れそうなほど細くて華奢な身体を柔らかく抱き締めた。

(お帰りなさい)

(ただいま)

blog_2 - 252

蒼い羽根が咲いたら、また会いに行くよ。

blog_2 - 210

夜の公園で見上げた空は星が小さく輝いていた。
東京の空でも冬はこんなに星が見えるんだ。
僕はきみに少しだけ怒っていたから
きみのことを無視して姿が見えないところまでゆっくり歩いた。
そこで星をじっと見ていた。
オリオン座が見えた。
きみは実験だと言った。
これが僕の心を治すための実験だと言った。
要するに治療ってことだ。
そんなこと頼んでないのに。
面倒くさい女だと思った。

前にここで一緒に暮らしていた人がいた。
細くて肌が白くて感情がころころ変わる可愛い人だった。
いつも笑ったり怒ったりしてた。
1年前くらいにこの公園通りで彼女を送ったことがある。
タクシーなのにすぐにつかまえないで少しだけこの道を一緒に歩いた。
なんでだったんだろう。
繋いだ手に彼女は手袋をしていた。
そして、出かけるのは彼女なのに別れ際に気をつけてね、と言ったんだ。
おかしいよね。
僕は部屋に戻るだけなのに。
でも、あの人は気をつけてね、って言ったんだ。
懐かしいな。
タクシーに乗って、振り返る彼女の心配そうな顔を覚えてる。
今思えばあれは心配してる顔じゃなくて寂しそうな顔だったのかもしれない。

気がつくと一人だった。
星の中に一人だった。
それは多分彼女も一緒だったろう。
僕は暗がりの方へ名前を呼んで彼女を見つけた。
そして、彼女がカフェに行こうって言うから仕方なく行ったんだ。

3月28日ー3日=3月25日

不埒な夢で僕の声はきみの声だった。
きみの声で僕が言う。愛している、と。

blog_2 - 207

印象的な幻滅回路を構想しているきみは
彼の言葉を自分の声に変換する。
私はあなた。

ねぇ、わたしのこと愛している?

私の声で彼の声が響く。
愛しているよ。

熱い夏の夜、きみが出かける前に
不安そうな僕はきみの写真を撮っていた。
彼女が部屋を出て行くと
僕はアルファビルを見ていた。
アンドロイドに恋する映画。
3日前のきみの誕生日にうさぎを思い出したよ。
うさぎのぬいぐるみ。
きみが大切にしていたうさぎ。

雨の降る夜の公園で恋をしてから
僕はきみだけを見てた。
緑の芝生が続くなだらかな斜面の上でピクニックをしたね。
傘を差しながらカクテルを飲んで
なんの話しをしたのかな。
でも、あの暗がりの二人だけの世界と緑の匂いは消えない。

きみは今何をしてるんだろう。
僕は何もしていない。
ただ生きているだけ。
自慢できることもない。
言葉の世界に浸って心を保つだけ。
クスリに頼って生きているだけ。

白いきみはいまどこで何をしてますか?
白いきみはいまどこで、、、

5年前の僕へ

記憶の彼岸。

まもなく私たちは沈むのだ 冷え冷えとした闇の底に。
(Chant dáutomne/Charles Baudelaire)

///////////////////////////////////

機嫌のいいきみを
見ているのはとても楽しかった。
きみは笑うことが仕事みたいに笑っていた。
覚悟とか葛藤とかそういうことを
全て吹き飛ばすくらいきみは僕を求めていた。
僕はあれで後悔はしていないよ。
結局今はもういないけど
きみと離れたことも後悔していないよ。
きみがいなくなったから見えたこともあるし。
きみが僕に与えた影響は大きい。

ねえ、あのときの最後の言葉は本当だったの。

バスルームから出ると
彼女からのメールが届いてた。
明日のスケジュール。
今日の葬式で、僕はうまくやれたって褒めてくれた。
僕はソファに寝転がって煙草に火をつけた。
彼女がくれた煙草だ。
フィルターが金色でさやが黒い。
きっと高いんだろうな。
いつものでいいのに。

ふらふらする。
頭が痛い。誰かがあたまに入ってくるみたい。
誰。
ヴィーナスフォート。
え?
天上に星空。
誰。
クスリ飲まなきゃ。
ピルケースどこ?
なんだよ。
うまく体が動かない。
激しい咳。
血が出てる。
あの人は誰?
それよりもクスリだ。
エマージェンシーを、
エマージェンシー、エマージェンシー、、、、
きみ誰?

blog_2 - 196

緑の雨の中、佇んだ少女の夢。

なだらかな流線型、降りていく独りきり。
濡れた目で覗き込んだくぼみ
急斜面、聞こえない警告音が赤く光った。

本当は見えない残像がちらつく。
あっちみて
こっちみないで
どうしたって行き止まり
こっち来たって
あっち行ったって
きみはいないんだ。

くぼみのなかをきみはなにか探してるんだ。
熱いとか
痛いとか
優しいとか

千年前の記憶できみを探してる僕は
きみの姿を想像しながら
絶望で

そういうのもいいなっていつか思えたら
もっと幸せな物語を書けるんだろうけどって
ふと思ったりしながら
悲しい結末を何千回書いたりして
そのうちひとつくらいは
きみがわらって
僕も笑うようなそんな結末を願ってみたりする。
だけど知ってるんだ。
いつだって最後には涙流れるから
僕は海を作るのさ。
涙の海だよ。
青い海だよ。
僕の涙は青いんだ。
体は鉄で出来てる。
瞳は水晶で
爪は悲しみで出来てる。
僕が引っ掻いたきみの背中は
悲しみのあと。
きみはそれをひきずって生きる。
僕はきみの傷跡を懐かしむ。

この星が青いのはどうしてかわかったでしょ。
青い涙、

(反転。)

失い続けるのはもう知ってる。
だから本当に辛いのは失うことよりも
もっと別な何か。
何かって知ってるけど
きみには教えないよ。

僕の1秒がかちかちと音をたてて
きみの1秒とずれていく。
1秒1秒ずれていく。
そして僕の時計はいつか止まって
独りきり。

月曜の朝8時、通勤する人でいっぱいの交差点。
ここからタクシーで帰るよ。
そう。
僕は手をあげてタクシーをとめる。
きみを乗せる。
じゃあね。
きみは車から乗り出して僕を引き寄せてキスをした。
またね。
運転手とミラー越しに目が合った。
きみは気にしてない。
僕はちょっと恥ずかしくて抱きしめた。
華奢な体をねじってきみはもう一度キスする。
1秒。
きみが僕の目を見てた。
僕も君の目を見てた。
ドアが閉まって君が手を振る。
僕も手を振る。
それだけのことさ。
昔と変わらない目だったな。
何かせがむような目。
初めて出逢ったときと同じ目で
きみは最後の僕を見た。

こうして僕は悲しみに結末を用意できないまま
傷跡を残し続けて
最終的に何もなくなるという前提の架空の物語を書き続ける。

くちびるのおんどをわすれない。
それがゆいいつきみとのやくそくだよ。

とけいのはりにぶらさがって
ぼくはしつごしょうになってる
もうにどとあわないといったきみが
どうしてあいたいといったのか
ぼくはしってる
きみはただなつかしんだだけ
おもいでにひたって
それだってくすりのせいだってしってたよ
だけどくちびるのおんどはかわらない

青い涙であふれた海に
夜がきただけさ。

本当にそれだけのこと。
つまんない話し。
こういうのって雨みたいなもの。
季節の変わり目。
通り雨。
僕の目に降る通り雨。
明日には消えてしまう涙。

今日も海は青い。
君の笑い声が響く青い海。

 

blog_2 - 129

蜜月環。

白い腕を裏返して蒼白い血管の管を愛しそうに見つめる。
(観覧車乗り場で列に並ぶと恥ずかしそうに君が笑った。)
痛くない方がいいか?
(はい、痛いのは嫌いです)
そうか、
でもこれは少し痛いぞ。
じっとしてろ。
(はい)
(普通で良かったんだ。でも普通ってなんだろ。)
夢を見せてくれ。
途方もない願いを叶えてくれ。
永遠を、
絶対を、
(12月の午前2時、公園で見上げた空はどこまでも澄んでいて、
未来まで見通せるような気がしてた。)
この憂鬱を断ち切ってくれ。
(君だけ置き去りで。)
お前を愛してる。
お前の中に入る。
(はい)
お前の血は黒い。
穢れた血だ。
(穢したのは貴方です。貴方は大それた方です。)
大げさ。
こんなことで穢れるなんてお前は甘いよ。
もう十分穢れてるくせに。
何回トリガーを弾いた?
弾はあといくつ残ってる?
(ひとつです)
それを誰に使う?
(ロザリオリングは二人の象徴だった。)
オレは帰る。
お前達はそこで待て。
(何をですか?)
(何を待てばいいのですか?)
時間さ。
328分後に戻る。
(はい)
(玄関を開けるとドアの向こうにかすかに君の気配がした。
でも、僕はそのドアをノックすることが出来なかった。)
blog_2 - 007

奪い合う、愛し合う。

君の見ているものや手に入れたもの 。

あるいは手に入れようとしているものが、
君から何かを奪っていくものではなくて、すべてが与えるものだったらいい。

そして、出来れば
君が僕から、何かを奪っていくといい。

そうしたら僕は
君に奪われた何かの不在に永久のしるしをつけて
僕の中のたったひとつの楽園にする。

そこはけして、君以外には
誰も入ることのできない空白の楽園で
(自分でさえも入れない。)
遠くから眺めることしか出来ない。

そこには、いつまでも昨日の君がいて
もうそこにいなくなった僕に、ずっと笑いかけている。

(刹那、笑え。)

 

 

blog - 296

 

降ってくる、夢。

突然降ってくる、

エントロピー。
最大値で転回して、浮かび上がるエレジー。

君のあとを追った僕は気が触れたみたいに
泣き叫ぶ、

成層圏を越えて月へ叫ぶんだ。
(君は誰?)

雨に濡れた髪。おいで、乾かしてあげる。

血の匂いがする。

違う。君の涙、枯れた泉。
どうしてって泣いた君へ
嘘つきの僕が話す言葉はもう意味のない記号になってしまった。
でもね。届いてと願う心は激しく降る雨にさえ溶けない。

君を忘れない。
だって、だって、そうだろ。

どうしたって消えるわけがない。

だから

君の香りのする君のくれた薔薇で
僕は夜を旅する。

君へ
この想いがいつか届くことを願いながら同時に絶望して。

戯れる。

 

blog - 238

 

 

針と心中。

新しい時計を買った。その時計は普通の時計に見えた。
だけど、違った。
時計の針をを戻すと時間を巻き戻すことができた。針をいじって時間を戻してみると
目の前に君がいた。

「はじめまして」と僕が言うと
「はじめまして」と君が言った。

過去に戻ると
君の涙、君の笑顔が見えた。

どんどん巻き戻していくと
まだ君と出逢っていない自分も見えた。

さらに巻き戻していくと
貴方の涙、貴方の笑顔があって
そのもっと向こうに自分さえいない世界があった。

僕はその日から、この時計を使って時間を戻して遊んだ。
過去がとても暖かかった。
悲しみさえ優しかった。
僕は毎日新しい過去をみた。

そして、いつしか僕は
過去を再生するだけの機械になった。

僕は自分の未来を現在を忘れ、
過去を巻き戻すだけの機械だった。
知らないうちに涙が零れた。
機械にも涙はあった。

僕の見る過去のライブラリーは
夢みたいに不安定な世界ではなかった。
本当に手を伸ばせば届きそうな現実感のある光景で
実際に手を伸ばして触れることも出来た。
だけど、触れた指先は痛い。

時間を巻き戻して自分や君に触れる自分を愚かだと思う。
そこにはこれからの自分を考える余地さえなかった。
結局、僕は悲しみに溺れた。
どうしてこんなに過去が痛いんだろう。

時計を戻して時間を戻しても未来が変わることはない。
過去に触れることは出来ても
過去に干渉することはできなかったから。

その行為に僕はいつか飽きた。
その時計を踏みつぶした。

時計は壊れて針が曲がり、ガラスが割れ形が歪んだ。
針を戻しても、もう時間は戻ることはなかった。

次の日、僕は新しい時計を買った。
また針を戻すと時間が巻き戻されていく。
僕は、また君に手を伸ばした。

痛い。

前よりずっと痛かった。
新しい時計で見る過去はずっと遠くまで見えた。

「公園に行こうか」君に話しかける。

一瞬走る強い痛みに反射的に手を離した。
そして、今度は意識してその過去に触れた。
キーンとした鋭い痛みが指先からあたまに流れる。

そして、君の白い手が僕を抱いた。
君の匂いがした。

君の声も、周りの音さえも聞こえた。

時計の針は前に進もうとするから僕はいつも針を巻き戻した。
目の前にはいつもと変わらない君が居た。

僕はこの時計を愛した。
そんな僕には一瞬先の未来さえいらなかった。

何も考えずに時間を巻き戻す毎日。
アラベスクが流れていた。

「綺麗な目」と僕が言った。
「有難う」と君が言った。

巻き戻された世界から
綺麗な言葉が再生されていく。
巻き戻された世界から
冷たい雨ガ降る。

君に会いたくて時間を戻す自分を馬鹿だと思う。
本当は大切な未来から目をそらす自分を馬鹿だと思う。

でも、とても愛しい。
この時計が。とても。

 

blog - 129