僕は、壊れる。

Oct 16 2012 12:05:25
それは秋で、
(深夜2時、静かにゆっくりと流れ下る灼熱(溶岩)は彼の世界の頂きの一番天空に近いところ、つまり脳内、記憶の溝が深くシナプスの密集度が最大値を示すA10と呼ばれるポイントから産み出される。膨大な数の神経網は上から下へ伸び続け、複雑に交錯し絡み合い末広がりに巨大化し、自己複製ピラミッド型スーパーコンピュータになる。その性能、ベンチマークは現在のスーパーコンピュータの演算速度を三世代は上回る。一番驚くのはその脳内の活動に必要なエネルギーは全て神経網を駆け巡る光に反応して細胞内のミトコンドリアが植物の行う光合成に似たシステムでATPを熱分解し、熱量を自給自足しているということだ。それは国家さえ越える巨大なコングロマリットのように不気味に闇を形成している。そして、この巨大な化け物はひとりの脳内に数百億を越える疑似人格を持ちながら、それぞれが個体としての意識を完璧に管理する。つまり、ここに宿った疑似人格たちはどの個体も、自分が自分自身である、と完全に認識している。そして、その自意識を維持するための膨大な記憶のデータベースを持っている。一体、何故? 彼の脳に何か特別な因子があるのか。何もわかっていない。何もわからない。彼は生まれた時から一度も目覚めたことがない。脳死状態ではない。むしろ、常人より多くカロリーを消費している。脳の活性は高く、発電量も異常に高い。彼はきっと夢を見続けているのだと私は思う。夢というのは体験している間は何時間、何週間と感じたとしても、実時間では1秒ですらない。彼の中にある数百億の疑似人格それぞれが各自毎日個別の夢を見ると仮定すると脳の活性が異常に高いことも納得できる。しかし、これは確かめようがない。何か質問はありますか。(沈黙)
(中略)
特に興味深いのは、(声が裏返る。)
この数百億の疑似人格同士が同じ身体に多数の別の人格の存在をを認識しながら自己としての整合性を保っていることです。いままで観察されてきた多重人格の症例では多重人格は主人格が破綻した結果の逃避行動
(ねぇ寒いよ、窓閉めてくれない)
であると言われてきましたが、彼に関しては全く当てはまりません。彼の中の人格たちはお互いの持つ個性や嗜好を要素に因果関係を派生させながら生態系の基本、エコピラミッドを構築しています。これは重要な点です。彼の最も特異なる性質であり特長です。彼の身体はひとつの世界と言えます。弱肉強食のありふれた世界なのです。これほど変わった特性を持ちながら彼自身をひとつの全体像とするとこの世界と全く変わらない。同じルールで生きています。宇宙と全く同じルールです。そして、その世界を作る個性的な疑似人格たち。すべての人格を自身ひとつに収束しようと全人格を敵として殺し合うもの。7がどうしようもなく好きな男。夢と偽りの中で真実を求める男。世界に裏切られたという理由で世界の果てという国を作った男。恋人に捨てられ、夜しかない世界を生きる闇の女王。(省略)疑似人格の個性の要素となる因果率は無限だよ。あそこを見てごらん。数字の2がどうしようなく好きだというだけでお互いを恋人と呼ぶもの。本当に面白い、そしてくだらない。どうでもいいことだ。(ああ、もういい、この話は長すぎる。省略する。)
追記。
彼の主人格について。
■■■■■■■■■バーチャルワンダーランドの■■■■の中で■■された超最新型アトラクション、シベリアから太陽まで2分で往復する最新型のジェットコースター■■■■■■■過剰に放出されていくカリウムを(忘れたくない記憶)から順番に赤く染めていく。葉は朽ちて赤く舞う豪雪のように美しくあっけない。(反転する。)私は■■? (すぐに反転。)朽ちる。落ちる葉全てが舞い散る様をを懸命に10本の指と手のひらの動きで演技している。 ■■■■■のA10レセプター■■■■■それ自体思い出すことも■■■何処か、世界中で一番寒い国にしんしんと降り積もる雪のひとひら■■■■■■■■■僕は舞台の真ん中で手のひらをひらひらと翻す。舞い落ちる葉を僕は誰でも気付くようにわざと稚拙に演じた。笑えばいいさ。あれから幾年が過ぎて、もう一度あれを、あの一瞬を演じてみて真実を知った。あの手のひらが翻していたのは朽ちた葉の螺旋ではなく、力尽きて緩やかに落下していく蜉蝣の最後だったんだ。)

blog_5 - 55

夢の機械(リフレイン)。

Apr 03 2007 09:18:25

くるくると廻る。
リフレインと廻る。
蓮華のような 悲しみのような
早足の砂時計のステップで。
廻る廻る せかいが廻る。
軽くステップを踏みながら。
その先が せかいのはてと知っていて。
わざとくるりとこちらを向くと、
笑って きみたちは ここまで。と足下に 線をひいた。
そこから先には 入って来れないよ。
ここから先は僕の夢の中だから。
話を続けよう。

それはたったひとつのスイッチで動く。
夢になる機械ができた。

この機械で 夢になって、
稀薄になって、秒になる。

秒になって僕は砂漠の砂に憧れ、
水滴に憧れ、
秋の冷たい風に憧れる。

すべてを夢に置き換えて
僕は自分を秒に変えた。
秒と砂時計は似ている。
僕は秒であって、砂であって
音もなく落ちる一本の細い線。

幻みたいに見える様な見えない細い線。
砂漠に落ちる夢の断片が
僕を100万回切り刻む。
薄っぺらな僕はさらに
稀薄になって大気に混ざる。
どこまでも秒で
どこまでも断片で
どこまでも細い線で
夢の機械にスイッチをいれて
僕は稀薄になる。
繰り返す様ななんども
同じ断片をきみは見るだろうけど
それは幻。
僕は僕の夢の中に止まったまま
すべてから
忘れられている。

それが夢の機械。

blog_5 - 3

僕が死んだ日。

Mar 03 2007 22:03:07

雨が降り終わったあと
外の景色は真夜中を示していて
真っ暗で何も見えない
それで僕は死んだふりをしよう
死んだとおもう事にしよう
何も考えない
何も期待しない
何も求めない
何もかもが大気のようにあって
そこにあってもないものと一緒のように
夢は見ても
みないふりをして
周りから見るといつもと変わらない僕がいても
それは残像と一緒だ
僕の残像を見ているのにすぎない
僕は死んだ
だから何も怖くないし
何も悲しくないし
何も欲しくない
せかいのはてにやっとたどり着いた
僕が求めていた場所は
心の中にあった
奥の鍵をあける呪文は死だったんだね
やっとわかった
僕は死んだから幸せだ
せかいのはてで
好きなだけ絶望する
砂浜の上に座り込んできれいな石や
流れてくる木の欠片をあつめて
砂の上に城を作ろう
とても長い時間をかけて
そしてあっけなく波に流されていこう
悲しみ
愛しさ
感情
すべて打ち寄せる波のむこうへ
思い切り投げた
何度も戻ってきたけれど
そのたびに僕は投げ捨てる
それがせかいのはてで暮らす
僕の日課になった
永遠にここで暮らそう
自分の名前も忘れていこう
夢はみないように
みんなみんな雨で流されていくように

blog_3 - 48

さあ、揺れて、揺れて揺れて。tode a re

煙草
マニキュア
砂糖のような愛の言葉

幾つかの未来
本当は届くはずだった願い
そして
ずっと一緒
僕は丘の上から
全部ばらまくよ
太陽も月も関係ない
失ったものへの哀れさへゆれ

blog_2 - 246

天使追走。

記録#1
Eの被験者の瞳孔は正常。特に異常はみられず。さらに0.02mg追加する。
20分後、さらに追加。
異常なし。
※これは失敗か?

記録#2
Cの被験者には6時間おきにC0.01mg投薬。特に異常なし。

白い空が黒く染まる頃、
メモリーのカチカチした音に彼が目覚める。
ハロウ、マイネームイズ、イズ、イズ、

I cannot recall

こわれこわれ
おそれおそれなきわめき
そのはてにのぞむのは
たったひとつのてのひら

Good by Me

blog_2 - 245

ラピスラズリ。

幾度目かの冬、
眠り続ける僕を見張るのは
不眠症の僕の役目。
今日も僕は
時間通りに
寝返りをうって
もうひとりの僕は
毛布を
整えている。
僕たちは
冬の間ずっと
同じことを
繰り返す。
なんのために?)
沈黙。
夢をみているのだろうか。
なんの夢をみているのだろう。
きっと嫌な夢をみているだろう。
煙草に火をつけて
僕もいつか眠れるだろうか、呟いたあとに
ベッドに沈んでみる。
目を閉じてみる。

光。
たくさんの声。
僕は眠れない。
やっぱり。)
冬が終わるまでに
何本の煙草を吸うのだろう。
どうでもいいことばかり。
前に先生は、繰り返すことに意味がある、といった。
意味。)
死んじゃえば
どうせ死んじゃえば
全部なくなるんだから
だから
どうでもいい。
どうでもいいよ。
意味も君も。

blog_2 - 244

僕が壊れていく空の下できみが笑う。

蒼い空の端っこを掴んで黒に染め上げて少しずつ夜に変える。
指先で緩いカーヴを描きながら端から染めていって
だんだん暗くして
空が全部黒に染まる頃、星が現れて
僕が壊れていく空の下できみが笑っていて
それを見下ろしながら僕は崩壊していって砕けていく。

冷たさを感じる指先からゆっくりと何も感じなくなって
僕を構成する記憶も感情も全部砕けて

僕が僕でなくなる頃、やっと夜が明ける。

僕はこれを毎日繰り返して生きたり死んだり
現実と現在を否定して廻る。
今日は午前4時に死んだ。
昨日も明日も同じような空間で
少しずつ角度を変えて見えるガラスの反射のように
朧気な未来を描きながら
僕は卑怯な手段で過去を変更しようとするけど
それを誰も見てはくれないし
許してもくれない。

そういう気持ちに色をつけるとしたら何色だろう。
たぶんそれは濃い色で
きみが見上げる空のような縁が黒くて斑な青だったらいいなと思う。
だから、僕が壊れていく空の下で笑うきみが愛しい。

遠くて青い手の届かない・・・

blog_2 - 229

いつか消えてなくなる僕たちへ。

拝啓、いつかの僕へ。
いま消えてゆくところですね。
消えてゆくというのはどんな気持ちですか。
怖いですか。
それとも寂しいですか。
何か思いますか。
涙とか出てますか。
悲しい記憶はこれでなくなります。
楽しい記憶もですけど。
でも、これから消えてゆく僕たちには
少なくとも未来がなくて
悲しいことや楽しいことから解放されて
本当の自由です。
痛いですか。
あまり痛くないことを祈ります。
血がいっぱい出たりしてませんか。
意識はまだありますか。
これから消えてなくなる僕たちへ、
さようなら、とりあえず。
またいつか過去で会いましょう。
さようなら、いつかの消えてなくなる僕たちへ。
痛みのない、何も無い世界へ
いってらっしゃい。

blog_2 - 225