†ø º£

———————虚ろとして

(あの日きみがいなくなってから僕は世界を凍結した。

全てが色をなくし目に映る景色は荒んだ荒野となった。
僕自身はといえば、荒れ狂う嵐のような激しさで堕天した。
一週間ずっと眠ることも忘れ
安物の楽園で天井を見上げたまま何もせず、ただそこに居て
クスリがなくなると時々病院に行った。

きみの香りも忘れてしまった。
(きみの名前すら楽園では思い出すことはなかった。)

きみのいたきみのいない世界は、
匂いをなくし、色彩をなくし、全ての装飾をはがされ、
体の表面は綺麗にすべて1ミリ程の薄い氷で覆われてしまった。
(すっごく痛いんだよ。)

だから僕は神様から安物の楽園を買った。
そしてずっと笑い続けた。)

———————語りとして

ふと、私は一体どうしてこんなところにいるのだろうかと
自らに問いかけることもあった。
それでも悲痛な表情のすぐ後には笑い転げていた。
悲しくて可笑しくて
何もかもが絶望的なのに
笑い始めるとどうしても笑いが止まらなかった。
僕がいた楽園とはそんな場所だった。

きみといたこの部屋がそんな楽園に変わり果てた。
狂ったし、笑えたし、
未来なんてどうでもよかった。
ただ過去を忘れないために
その時間を書き留めておくことだけが
大切なことだった。

その楽園ではどんなに複雑で長い記憶も
書き続けることが出来た。
笑い続けながら悲しい文章を書き留める毎日を過ごした。

(鳩が一斉に空へ飛び立つ姿にはしゃぐ子供たちが居た。)

今、そのときの文章を
もう一度読みなおして美化されている箇所の訂正をし
新たに書き直している。
同じ言葉をそのまま使っているものもあれば
ほとんど書き直したものも多く
そのせいもあってタイトルなどは変更したものが多い。

話しを変えようか。
愛されているとか愛しているとか
もし、自信を持ってそれが本当だと思うなら
それはどこからが愛でどこまでが愛と呼べるものなのか。
もう一度考え直して今まで愛した人の数を数えてみて欲しい。

(それを僕は見ないふりで数える。 )

僕はきみを本当に愛していた。

これは本当なのかどうやって確かめることが出来るのだろう。
どこからが愛でどこまでが愛で
では、この「きみを本当に愛していた。」ということが
真実なのかどうかどうやって確かめたらいいのだろう。
僕が、ではなく、あなたが。

私は狂った詩人で
安っぽいけど高そうに見える言葉を使って
巧みに安っぽいけど高そうに見える文章を書いてきました。
こんなことは多少の文才があれば誰にでも(略)

私は狂った詩人で、と語る
この上記の文章が本当かそうでないか
どうやって確かめることが出来るだろうか。
私が、ではなく、あなたが。

こんな言葉遊びで人の心を動かすことが出来るとしたら
それは本当の天才なのだろう。

僕には関係ない。
(足跡が、ひとつ、ふたつ、 みっつ、 よっつ… 過去を描いた。)
ここにひとつの文章がある。
※下記を参照。

「心に付いた跡は風に晒されても消えず、
過去という名で永遠にそこを彩る。」

私が過去に書いたものだ。
心という言葉を恥ずかしさもなくさらしている。
「過去という名で永遠」と書いている。
確かにいまも覚えているし
死んだあとのことまで永遠に含めるかどうかは
別の問題なので割愛するならきっと本当に永遠なのだろう。
問題はその最後の結びの言葉。

「そこを彩る。」

彩る、これは嘘だ。
私が回想するときに見える視覚は白黒なのだから。
残念だが色彩はない。
私に、ではなく、あなたにとって。

最後に原文に残されていた文章を残して
終わりにしよう。

「神経にきみの跡をつけた。それは僕がつけたもの。
もう二度と、きみを忘れることができない。
例え、それが心を凍えさせるとしても、
きみを忘れるよりはいい。
だからこれでいい。」

tatoe sore ga kokoro wo kogoesaseru to shitemo
kimi wo wasureru yori ha ii
dakara kore de ii

君語録

ずっと愛してる
絶対許さない
嘘は嫌い
はじめまして
一緒に居る
もう二度と連絡してこないで
嘘つき
嬉しい
ありがとう
二度と生き返らせない
穢らわしい
五月蠅い
黙って
嫌だ
大丈夫
私が何とかする
気にしないで
あなたが死んだら私も死ぬ
鋏で手首切るよ
またね
公園に行こうよ
一緒に行く
だからなに
これあげる
信じてたのに
バカ
誕生日おめでとう
さようなら

牡丹灯籠。

言葉より愚かな目が言う。
「あなたの心に三重の鍵をかけたい。」と。

blog_2 - 205

夕食のあとで、散歩に行きましょう、ときみが言った。
部屋を出て目的地もなしに歩き出すと
街灯が僕らをよけるように脇に早足で去っていった。
実際、僕は彼女のことなんて気にしていないくらい早歩きだったと思う。
いつもの病院へ抜ける道を歩いた。
その近所には大きな公園があって、
そこは今の部屋に移る前に住んでいた家の近くだった。
僕は以前の家を引っ越してから一度も見ていない、というより見たくなかった。

前に住んでいた家を見に行かない、と彼女は言った。
僕は行きたくない、と答えて、彼女の手をつかんで公園へ向かった。
本当は、公園にも行きたくなかった。

7ヶ月前ー
夜の公園で僕はブランコに乗っていた。
隣には違うきみがいて、その日はその子の誕生日だった。
あの日、彼女は家にいて僕を待っていた。
なるべく早く帰るつもりだったのに残業がのびて
帰りの駅を降りて家に着くと23時すぎてた。
玄関を開けると、間に合ったね、とリビングから顔を出した彼女は笑った。
僕はそのまま靴を脱がずに出かける準備の済んでいた彼女を連れて
公園近くのレストランに行って、
小さな花火がロウソクみたいにのっているケーキを二人で食べた。
花火じゃ吹いても消えないね、ときみは笑って
花火が消えるまでずっと見てた。
そのあと夜の公園を歩いてテニスコートの横にあるブランコを見つけると
これにのりたい、と彼女が言うから二人でブランコをした。
彼女とはそれきり会ってない。

僕らは公園を歩いた。
僕は林の中で空を見てた。きみがいたのに無視して空だけ見てた。
二人離れてお互い見えない位置から、同じ空を見てた。

そして、きみは、一つの終わりをあなたにあげるわ、と言った。

もうここにいないきみへ、いまここにいるきみから
さよならを僕は告げられた。
冷たい空気が頬を撫でる夜だった。
帰り道にレストランに寄ってケーキを食べた。
きみは花火が消える前に花火をはずして
これ、食べにくい、と笑った。

最後のデジャヴ。

いつだったかきみが言った。どんなに離れて、あなたのことを忘れても
私がつけたあなたのしるしを辿って
あなたのところへ必ず行くわ。

きみがつけた僕のしるしってなんだったんだろう。
あれはきみの願いだったんだと思う。

だって僕はこれからどんなに未来まで行っても
きみと再会することはない。
すれ違いさえしない。
どんなに奇跡的な魔法を使ったとしても
きみは僕に気づかない。

僕を忘れたきみが見つける僕のしるしは
もう散ってしまった花びらみたいに拡散してしまって
拡大していく僕の印象を頭の中に浮かべるだけの
絶え間ない記憶の連想にすぎないんだ。
だから、僕に似た誰かをきみが僕と勘違いするような
デジャヴなんだよ。

僕の本当の名前を知らないきみには
夢みたいな話し。

またいつか来る四月の痛みみたいなもの。

きみがつけた僕のしるしは
時間から切り取られてあの四月を輪廻しながら
あの瞬間の中にだけにいる幻。

もう僕に会えないきみの最後のデジャヴ。

blog_2 - 172

929

眠剤が効いてきた。
タバコを吸う。
あと9分待ってなきゃならない、
頭がクラクラする、
それでも耳に響いてくるのは心地いい轟音。
コスモスの季節だった。
あまり好きじゃない。
金木犀の方が好きだ。
冷たい風に吹かれながら僕は何を思うこともなく
ただ残りの8分を待っている。
薬に頼って僕は生きてる。
誰にも入り込めないところがある。
僕は嘘つきで怠惰だ。
そんな僕に愛想をつかしていったあの子も
今は幸せになっているといい。
誕生日は過ぎたけれど
僕はいつまでも覚えているよ。

フレア/絶対領域。

南の風が吹く午前、熱帯の花が咲く深海では
相変わらずの僕のカタマリが房に口づけ嘘の愛を語っている。
両手いっぱいに広げた手に余るこの花はラフレシアという。
僕の嘘の源だ。
僕はこの世界のねじをまく。
深海の奥底、深淵の超深海底で
光あふれる太陽の世界のねじをまくのだから
神様は本当に物好きだ。
君たちのふれる指先の感覚、話す言葉の印象、
汗のしたたる胸元、それらはすべて僕が支配する。
まあ、それだってきみらは気づいていないのだから関係のないこと。
そうさ、僕はいつだってなんにだって関係がない。
これは絶対領域と呼ばれる僕の証だ。
僕と呼ばれる僕はここでは僕という人格が存在すると仮定して話している。
本当の僕には人格がない。
容れ物。

———————–

Lecteur, c’est peut-être la haine que tu veux que j’invoque dans le commencement de cet ouvrage!

読者よ、君がこの書の書き出しへ呼び込んでほしいと願うのは、けだし憎しみの念であろう!

by Le Comte de Lautréamont(Les Chants de Maldoror/Chant 1)

———————–

いつか知らないむかし、神様は自分の容れ物となる器を探していた。
けれど、器として完全なものはこの世界にはなかった。
だから、神様は工夫してそれを作った。

(悪い夢ほど繰り返す。)

僕の一番目のきみへ、
僕はきみへ特に言うべきことはない。

僕の二番目のきみへ、
血にまみれて僕にすがったきみ。
僕はきみを追い出したけど
あの時の傷は癒えたかい?
どちらにしてもきみは僕を裏切った一番目の人だよ。
ありがとう。

僕の三番目のきみへ、
きみに言うべきことは多い。
けれど、それはすべて忘れよう。
きみへ、僕はきちんときみを愛していたよ。

僕の四番目のきみへ、
いまはどうしているのだろう。
僕が死んだと思っているきみに話すべきことはない。
忘れてくれていいよ。

僕の五番目のきみへ、
きみはもう自分のことは自分でわかるはずだ。
きみの幸せは目の前にあるよ。
そのまま行けばいい。

六番、七番、八番、九番、十番、十一番、十二番目のきみたちへ
きみたちはただの犠牲者だ。

僕の十三番目のきみへ、
僕が初めて裏切ったきみ。
きみに謝るべきことは多いけれど、
それと同じくらいの言い訳を聞いてほしいな。

僕の十四番目のきみへ、
きみは僕と同じかそれ以上の人に愛されてほしいな。
頼むから自分の価値をもう少しよく理解して行動してほしい。
薬の飲み過ぎは良くないよ。

僕の十五番目のきみへ、
きみに話すことはまだたくさんある。
僕が人間に戻れたらそのとき直接話すよ。

見えない階段を降りて
見えない言葉を綴って
見えない彼方を眺めて
見えない何かを求めて

※時間だけが唯一僕の友達だった。

blog_2 - 135

ローズオイルのこと。

(17時間前)
ふたを開けたまま揮発していくオイルの香りに酔いながら
固まっていくローズのエッセンスを削り落として目の中に埋めた。
埋めた場所を忘れるために何回も頭を殴る。
僕の目にはきみの塊があってそれは忘れられないこと。
香が消えてもきみの顔は忘れない。
夢の現と知りながら壊れていくのを待っているのはなぜ?
それが夢の中だと知りながら涙を流すのはなぜ?
(本当はそれが夢なのか現実なのか知らない。)
海が好き。
海になりたい。
ふかく、ふかく、ふかく、
深いところで
僕は窒息していく。
死んでいく。
それはとても気持ちのいいこと。
(これも夢の中、全部夢の中。)
鏡に映る僕の目にきみの目を重ねて
見つめ合う二人を演じながら
私は涙を流す。
涙は海に帰す。
心の中の海に帰す。
さよなら、

 

blog_2 - 006

待合室で。

待合室で爪を磨いていた。
病院はたえまなく人が行き来していて
うるさくはない程度に慌ただしい。

窓を開けた。
三階に吹く風はもう既に秋で
ほんの少し肌に透明。

マニキュアの匂いがする。
誰か、どこかで塗ってるらしい。
(かすかに君の匂い。)

時間は過ぎていくのにここは何も変わらないまま。
先月と変わらない光景。

狂った誰かが置き忘れた日常みたいに
相も変わらず暮れる世界。

今日も夢。
明日も夢。
昨日も夢。夢、夢、夢。

いったいいつになったら、、、

(前に進むためには後ろに捨てるものが必要だ。)

捨てるものはもう残り少ない。
それが尽きたらこの世界もおしまい、か。

何もないような
だけど何もかも揃っているような部屋で
溜め息ばかりつくあなたは何を待っているの。

(3分後)

人間は言葉を発達させてきた。
人を知り、自分を知り、お互いを理解しあうために
言葉は必要だった。
けれど、いつか気付いた。
正確に伝えようとすればするほど
言葉は意味を失っていくことに。

言葉は嘘をつく。

君には僕の言うことが本当か嘘か見分けがつかない。
たぶん、自分でもわからない。
(それは仕方のないことなんだよ。)
どこまで行っても言葉の壁を越えられない。
それでも、君は願うだろう。
僕の本当の気持ちを。

いつかね、いつか言うよ。

言葉を使えば使う程に遠くなっていく君の背中に
いつか追いつけたら、

そのときに本当のことを言うよ。

blog - 272

失くした左手。

左手がなかった。
(君といつかつないだ左手。)
正確に言えば左手の温もりがなかった。

左手は死んでいるかのように1月の空気みたいに冷たかった。

指先を動かしてみる。
動かない。
(約束した小指。)

「赤い糸の先に輪廻があるのよ。」

いつからだろう。
僕は死を意識しはじめている。
少しずつ体が欠けていく気がする。

君は僕の左手しか握らなかった。
(私の左手は悪いことをする手だから右手をつないで。)
どういう意味だったんだろう。

僕の左手は今はない。
君が奪っていった。

いいよ、みんな僕から奪っていって。
何もかもあげる。
目も、足も、心臓もあげる。
あますことなくなく僕を持って行って。

僕を忘れて。

そういう死ならいいなって
ただそう思った。今日、夢の中で。